4月の月案文例(0歳児・現時点での子どもの姿)

  • 保護者と離れることに不安を感じ泣くことが多くみられるが、泣いて欲求を訴え、一つ一つ受け止めてもらいつつ少しずつ保育者に慣れてきた。
  • 保育者の傍で、興味を持った玩具を手に取り感触を楽しむ。
  • 他児の食事場面を見て、食べたそうに手を伸ばし、よだれを出す姿が見られる。
  • 母親と離れる際は、泣くことなく保育者に抱っこされ、保育室内をじっと見つめている。
  • 欲求を泣いて知らせ、満たされると喜ぶ。
  • 食具や哺乳ビンに手を伸ばそうとする。
  • 保育室にある玩具に興味を持ち使って、遊んでいる。
  • 初めての環境に戸惑い、泣いて不安を訴えることもあるが保育者とのスキンシップに安心して過ごせるようになる。
  • 午睡から目覚めた後は抱っこを求めて泣く姿が見られた。少し慣れてくると保育者と視線が合うようになり、動くものを目で追うようになってきた。
  • 登園の際、母親と離れる時に大泣きをしている。しかし日中は泣くことなく、ハイハイをしながら探索活動をする。スキンシップをとりながら保育者とのかかわりを楽しめてきている。