4月の月案文例(0歳児・)

  • 一人一人の顔色や体の様子をゆったりと見られるように、保育室を配置する。
  • 安心して眠れるよう、場所を区切るなど工夫する。
  • ゆったりとした曲を流し、眠りやすい環境をつくる。
  • 不安な気持ちを優しく受け止め、動物の壁面や音楽、置物などを用意し、不安な気持ちを和らげる環境を工夫する。
  • まだ歩行も安定しておらず、危険性も高いので、安全に歩行を楽しめる環境構成をする。
  • 保育者から離れられずにいる子には、無理させず、情緒の安定を図り、他児の歩く姿や遊ぶ姿を見せることで、歩行したい・遊びたいという意欲を促す。
  • ハイハイなどが十分できるように安全なスペースをつくる。
  • 1対1でマットの上で行う。また、落ち着いた環境の中で行う。
  • 動線を考えて環境設定をする。また、玩具の散らかりはすぐに片づけて安全に配慮する。
  • 探索活動が十分に行えるような環境を設定をする。
  • さまざまな素材の玩具を子どもの発達や人数に応じて用意する。
  • 寝転びながらでも遊べるスペースを広く設置し、玩具を用意する。ガラガラなど音の出る玩具を提供し示し、目の前に置いたりと興味を持ちやすいよう工夫していく。
  • 床に玩具などが散乱しないよう、安全な環境を整える。
  • 子どもの発達、興味に合わせた玩具を用意し、意欲的に遊びやすい環境を整える。
  • 動物の壁面などを用いて、楽しく明るい雰囲気をつくり出す。
  • つかまり立ちや伝い歩きが安全に行えるよう、危険なものや場所がないように点検、整備をしておく。
  • 保育室の天井から遊具(モビールなど)を吊るし、風などで揺れる様子を見られるようにする。
  • 「ふれて確かめる」「なめて確かめる」という遊びをたくさん行えるように、安全性の高いおしゃぶりなどを用意する。
  • おもちゃは、誤飲しないサイズ、有害物質が入っていないものを選ぶようにする。様々な形や固さがを楽しめるように、木製、タオル地、ゴム製など多様な素材を用意する。
  • 紫外線対策を行うために、日陰を作る。
  • 子どもの不安な気持ちを汲んで、ゆったりとした気持ちで接したり言葉を掛けていく。
  • 声の大きさや話し方に気をつける。