4月の月案文例(4歳児・環境配慮)

  • 園庭に、遊びの種類(鬼ごっこなど体を動かすことができる空間と、図鑑や絵本でじっくり調べられる空間)ごとに、ゆるやかにコーナーを設ける。
  • 草花や昆虫について調べられるように図鑑などを用意する。
  • こいのぼり製作のための材料を準備する。
  • 子どもが作りたいと思っているものは、子どものつぶやきなどをもとに、その写真などの資料を掲示する。
  • 子どもの動線や、遊びの種類(静と動など)をもとに、ゆるやかなコーナーを作り、それぞれがじっくりと遊び込めるようにする。
  • 積み木遊びでは、自分の身長より高く積み上げることに挑戦する子ども、友だちと協力して動物園や町などを作る子どもなど、それぞれの楽しみ方があるので、スペースを広めに取る。
  • 道具や素材等をどこに片づければよいかわかるように、写真を貼る。個々の衣服の着脱や持ち物の片づけの時は声をかけて手伝い、安心して覚えられるようにする。
  • ままごと・積み木など、コーナーの環境を整え、子どもたちの興味が向くようにする。
  • 翌日も遊びの続きが楽しめるよう、衣装や小道具、制作途中のものなどの置き場所を準備する。
  • 異年齢児と多く関わることができるような時間や場をつくる。
  • 園庭の固定遊具、ボール、園庭用のブロック、フープ、三輪車などの用具の正しい使い方を知らせ、園庭の安全点検を行う。
  • 自由に体を動かして遊ぶことができるような曲を用意する。
  • 室内外の安全点検、環境整備を行い好きな遊びが十分楽しめるよう、遊具や用具を用意しておく。
  • 食事の際のあいさつや、食べる姿勢が分かるポスターをはる。
  • 製作用具を入れる棚に、クレヨン、油性ペン、色鉛筆、紙などを用意し、好きなときに絵をかいて楽しめるようにする。