4月の月案文例(5歳児・環境配慮)

  • 保育者が親しみをもって日常のあいさつをすることで、明るい雰囲気をつくる。
  • 遊具や用具を点検し、使い方や決まりについて事前に子どもと話し合う場を設ける。
  • 新しいクラスで関わりが深められるよう、クラスでの時間を大切にして計画を進める。また、名前を呼び合ったり、相手を知るゲーム等を行う。
  • 玩具の置く場所や片付ける場所を子ども達が分かるように示したり、部屋の整え方を保育者が見本となる姿勢を見せながら、伝える。
  • 栽培や飼育、配膳の準備や片づけなどの役割について、内容や進め方を子どもたち自身が提案し、話し合って決める機会を設ける。
  • 散歩先や戸外で見つけた動植物など、いつでも調べられるよう、図鑑を用意していく。
  • 自分らしい考えや思いを出し合う姿を認め、励ます。
  • 廃材を用意し、子どものイメージが出来た時は、形にして行けるように援助する。
  • 発見を友だちに伝えたり、友だちから聞いたりする機会を設け、興味・関心を広げていく。