4月の月案文例(5歳児・環境配慮)

  • 一緒に手洗いし、楽しめるような言葉をかける。
  • 歌を歌ったり、リズム遊びをする中で、友だちと一緒に触れ合う楽しさを味わえるようにする。
  • 子どもの発見や感じたことに共感し、意欲的に関わって遊ぶことができるようにする。
  • 春の歌や、リズム遊びを楽しめるような場を設け、ふさわしい曲を選んでおく。
  • 進級したことをともに喜び、異年齢児と関わることで、年上の子としての自覚を持ち、思いやりの気持ちを育めるようにする。
  • 友だちの話を聞き、伝えようとする姿を見守り、相手に伝わらないときなどは伝え方を知らせ、お互いの思いに気づけるようにする。