8月の月案文例(4歳児・環境配慮)

  • 楽しいプール活動の参加は元気で過ごしていく事が大切である事を伝え、午睡・生活リズムを整えていけるように声を掛ける。
  • 昼食やおやつの時の挨拶の意味を伝える。
  • 友だちとのやり取りの中で、言葉使いや声の大きさを相手の立場になって考え、どう伝えたらよいのかを知らせていく。
  • 夏に経験した事、感じた事を伝え合う場、又、疑問に思った事を皆で話し合える場を設け、子ども同士のやり取りを大切にしていく。
  • 夏祭り当日に向けて、イメージにした物が形となって出来るよう、様々な素地を用意していく。
  • 夏休みに園外で経験したことを、子ども同士が安心して伝え合うことができるように配慮する。
  • 夏休みの経験が、新たな遊びに発展することを予想し、それぞれの経験を丁寧に聞き、思いを受け止めていく。
  • プール活動では浮力や水圧を体で感じたり、友だちの出来る事に刺激を受けていく。
  • プール遊びのルールを伝え、一人ひとりが十分に楽しめるようにする。
  • 盆踊りは大人も一緒に行い、楽しく行えるようにしていく。
  • 異年齢の友だちと関わって遊ぶ楽しさ、おもしろさを伝える。
  • 一人ひとりの話したい気持ちを受け止め、援助する。
  • 夏の自然事象を子どもと一緒に見たり、感じたりしながら共感する。
  • 靴や上履きの左右を逆にはいていたり、ボタンをかけ違っていたりする子には、そのつど分かりやすく伝える。
  • 子どもと一緒に踊ったり、おみこしをかついだりする中でお祭りの楽しさを伝える。
  • 排便後の始末を自分でやろうとしない場合は方法を伝え、意欲をもてるようにする。