12月の月案文例(0歳児・食育)

  • 生活に見通しがもてるように、「ご飯だからエプロンしようね」「ごちそうさまをしたからエプロンを片づけようね」「スプーンで食べてみようね」などと行為を言葉にして丁寧に伝えていく。
  • 会話を楽しみながら、家庭的な雰囲気でゆっくり食事ができるようにする。
  • 一人一人の食事の状態に応じて「おいしいね」「これ食べてみる?」などと言葉をかけて、楽しく食べられるようにする。
  • 早食いや丸飲みにならないよう、一緒に口を動かしてみせて、よくかむことを伝える。
  • 保育者が味見をして「おいしい!」と反応し、いろいろな食材に親しめるようにする。
  • 旬の食材や、色々な食材に興味を持ち、匂いをかいだり味わったりする事を楽しむ。
  • 自分で食べたいという気持ちや、楽しく食べるということを尊重する。
  • 「おいしいね」「上手だね」と声を掛け、食具を使うこと、友達と一緒に食事をすることが楽しいという雰囲気を作る。