12月の月案文例(1歳児・環境配慮)

  • ズボンやパンツの向きを履きやすいようにそろえて置き、自分で履けた喜びを味わえるようにする。
  • 自発的な行動を尊重し、援助をしつつ見守る。
  • 子ども達と楽しみを言葉で共有する。
  • 自分で洗う意欲を大切にしながら、さり気なく手を添えて洗い方やふき方、蛇口の開け方・閉め方、せっけんの使い方など、細かな手順を丁寧に知らせる。
  • 一人一人の排泄の状況を把握し、声かけなどは無理のない範囲で行う。
  • 一人一人の発達を把握し、けがや危険のないように見守ったり、援助をしたりする。
  • 途中で歩き疲れてしまった子は、散歩車に乗れるようにして、少人数ずつ順番に手をつないで歩くようにする。
  • ごっこ遊びが十分楽しめるように、保育者も一緒に参加して楽しむ。
  • 食事量は個々に合わせていくとともに、よくかんで食べることを丁寧に知らせる。
  • 蛇口を開けっぱなしにすると水が止まらないことを知らせ、手を添えて閉め方を伝える。
  • 鼻をかむときは、片方の鼻を押さえてかむことを言葉でも伝えてかみ方を知らせる。
  • 着脱を自分でしようとする気持ちを引き出せるように言葉をかけて見守る。やり方を丁寧に知らせながら、できたときはともに喜び、次への意欲へつなげる。
  • 気温に応じて衣服の調節をし、園庭や散歩へ出る。落ち葉などを一緒に見つけて拾い、季節の変化を気づかせる。
  • 子どもの好きな話を取り入れながら、イメージの世界を大切にして、つもり・ごっこ遊びを楽しめるようにする。
  • 「かして」「どうぞ」「いれて」など保育者が言葉を添えて仲立ちとなり、友だちと一緒に遊ぶ楽しさを知らせる。
  • 子どもとふれ合いながら保育者も一緒に体を動かし、子どもも楽しめるようにする。
  • 固定遊具で活発に動く姿が見られるので、一人ひとりの発達を把握し、危険なく楽しめるようにする。
  • 安心して手洗いができるように、保育者も一緒に洗い、タオルで丁寧に拭く。
  • 食べたいものを自分で食べる楽しさが味わえるように、食べたことを褒める。
  • 保育者が個々の排泄の間隔を把握し、自分で気づけるようにこまめに声かけをしていく。オムツが濡れている時はオムツを替える心地良さを伝え、排泄できたら自信につながるような声かけをしていく。
  • 便座に子どもが座っている時は見守り、排泄のタイミングを逃さないようにする。
  • できないところはさりげなく援助するなど、その子にあった援助をしていく。