2月の月案文例(1歳児・環境配慮)

  • 排尿できたら「出たね」とほめて一緒に喜ぶ。
  • 気の合う友だちと同じことをして楽しむ姿が増えてきたが、興奮して走り回ったり玩具の取り合いなどトラブルも増えるため、仲立ちとなって関わり方を知らせる。