2月の月案文例(1歳児・環境配慮)

  • 全員が歩いて散歩に行く機会を増やす。
  • 工作用紙などの消耗品をこまめに確認し補充を行う。
  • 食事では、苦手な食材を小さく刻んだり、麺類を7㎝くらいの長さにしたりして食べやすくする。
  • ティッシュやごみ箱を子どもの手が届くところに設置する。
  • 廃材パックやヨーグルト容器などに水を入れて、園庭などに置いておき、氷が張るかなど、変化を見られるようにする。
  • 保育室内にトランポリンと巧技台、鉄棒を設置し、体を動かすことを十分楽しめるようにする。
  • 自分でやってみようという気持ちを大切にしながら自分で出来た満足感を得られるようにしていく。