2月の月案文例(1歳児・)

  • 簡単な衣服を自分で脱いだり、保育者に手伝ってもらったりしながら着ようとする。
  • オムツが濡れていないときや、そのときの気分により、トイレへ行って排尿する。
  • 使った玩具や、食事に使用したエプロン・タオルを片付ける。
  • 寒さから、外遊びを嫌がったり、保育者のそばにいる子がいる。
  • のりの感触を嫌がる子もいれば、適量が分からず手のひら全体をのりだらけにしてしまう子もいる。
  • 話せる言葉で自分の気持ちや要求を伝える。
  • 人形の世話をするなど保育者や友達をまねて遊ぶ。
  • 凧あげや福笑いなどの冬ならではの遊びを楽しむ。
  • 苦手なものでも保育者にすすめられて食べようとする。
  • 飲み込めずに口の中にためることがある。
  • 手洗いのとき、自分でそでをまくろうとしたり、蛇口の開閉を自分でやろうとする。
  • 水が冷たくて雑に洗ったり、タオルで手をよくふかないこともある。
  • 保育者に誘われておまるや便座に座る。タイミングが合うと排泄できる。
  • 保育者や友だち、年上の子と手をつないで散歩することを楽しむ。冬の自然物を見たり触れたりして、新しいことの発見を喜ぶ。
  • 体操や触れ合い遊びを喜んで行う。
  • ままごとやブロックで遊び、物をつなげたり見立てたりして楽しむ。