2月の月案文例(0歳児・養護)

  • 見守られているという安心感の中で、自分でしたいという気持ちを表現する。
  • 衣服の着用を低月齢児は保育者に援助されながら自分でやってみようとする。高月齢児は保育者の言葉掛けで自ら行い、出来たことの喜びを感じる。
  • 甘えが見られるときは、食事や午睡の時間を利用し、スキンシップを取っていく。