2月の月案文例(0歳児・)

  • 身の回りのことに興味を持った子が、着替えや靴の置き場所がわかるように個別のシールなどを貼っておく。
  • 着替えの時間をゆったりとって一人ひとりのペースを大切に介助する。
  • 一人ひとりの食べるペースや様子を把握し、好きなものと苦手なものを交互にすすめていくなど、その子に合わせた工夫をする。
  • オムツ交換時は、保育者の温かい言葉かけやスキンシップをする。
  • 危険のない、安全で広々とした環境を整え、十分に活動ができるようにする。
  • オムツ交換を嫌がるときは玩具を持たせたり歌ったりしながら手早く交換する。
  • 着替えるときは「手を入れようね」「頭を入れるよ」と声をかけ、いつも決まった場所とやり方で行う。
  • 園庭でのびのび遊べるように活動時間や遊びの内容を工夫する。
  • 遊び前に約束事を知らせ、危険は、根気強く伝えて行く。
  • 食事のエプロンは、自分で取り外しができるものにする(タオルにゴムを取りつけたもの)。
  • 鼻水がすぐ拭けるようティッシュを持ち歩く。
  • 子どもの発達に合った玩具や絵本を用意し、楽しみながら指先や言葉の発達を促す。
  • 作品展に向け、指先を使った活動を取り入れて、作品づくりを楽しめるようにする。
  • 室内で遊べるよう、遊具の配置やスペースの取り方などを工夫し、遊具・玩具の点検や消毒をし、清潔な環境を整える。
  • 引っ張る、めくる、つまむなどの動作を楽しめる玩具や道具を用意する。
  • 新聞紙をちぎったりシール貼りが存分にできるよう、人数に合った分量や遊ぶ場所を確保する。
  • 絵本の読み聞かせではゆっくり、はっきりと言葉を伝える。
  • 絵本や玩具での遊びなど保育者も一緒になって笑顔で楽しむ姿を見せる。
  • 節分会では事前に絵本や歌などで節分・鬼に親しみや興味を持てるようにする。
  • 一人でも集中して遊べるよう働きかけを丁寧に行い、保育士が離れていてもアイコンタクト等を通し、安心感を持てるようにしていく。
  • トラブルにならないように、「ぽっとん穴落とし」などのおもちゃを十分に用意する。
  • 積み木遊びは、積みやすい場所(壁のあるところ)を提供する。
  • 軽くて大きい積み木のほうが扱いやすいので、発達に合った積み木を用意する。
  • 発達に合った大きさの積み木で同じ種類のものを数多く用意する。
  • 体感や気温等で外に出ている時間を調節する。
  • 氷のかけらで怪我をしないよう取り扱いに注意する
  • 霜柱など手のひらで溶ける様子も見ていく
  • 子ども達の目線に合わせて子ども達の楽しんでいる写真や頑張っている姿の写真を保育室に飾っていく
  • 正しい言葉で優しく・ゆっくり・はっきりと伝えていく。また絵本の読み聞かせの時間を毎日取り入れていく
  • 保育者も一緒になって、笑顔で楽しむ姿を見せる。
  • 保育者が、子どものありのままの姿を優しく見守る様子を見せる。
  • 子ども同士で手をつないでの歩行が安定してきているが、不安定な子もいるので個々の様子を見ながら安全に楽しく歩けるよう配慮する。
  • 「ちょうだい」「どうぞ」など簡単なやり取りのある遊びを取り入れる。
  • 甘えを受け止めながら関わる。友達同士の関わりでは、仲立ちし、相互の気持ちを代弁していく。