2月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • コップを使ってガラガラうがいのやり方を見せながら個別に知らせる。
  • 子どもが取りやすい入れ物に入れる。
  • サンダルの左右セットが分かりやすいように、マークを付けておく。
  • 自然現象が体験できるよう、バケツに水を前日に用意したり、霜柱等体験できるように行ってみる。
  • 自分で好きなものを手に取りやすいような環境を作り、整理していく。
  • 集中して行えるよう他の遊びと混ざらないスペースで行う。
  • ストーリー性のある絵本を用意し、自由に見ることができるようにする。
  • それぞれの子どもが気づいたことや、その時試していることなどを写真に撮って壁面に掲示したり、関連する図鑑や写真絵本などから抜き出し、掲示するなどして、互いの発見を「見える化」するような環境を工夫する。
  • トイレのサンダルはどこから履いて脱ぐのか子ども目線ではっきりとわかるようにし、一緒に行いながら身につくようにする。
  • 年齢の近いプレジャーとの時間を多く取り、進級したときに安心できるようにする。
  • 衣服の前後がわかるよう、そばについて見分け方を知らせる。
  • 歌やダンスを友達同士で見せ合う場を設ける。
  • 感覚の玩具を行う際、五感を働かせ感覚に集中出来るよう周囲に他児の少ない場所や他児も玩具に集中している環境で教えるようにする。
  • 靴の左右がわかるように並べておき、正しく履けるようにする。
  • 子ども同士トラブルになりかけた際は互いの気持ちを代弁して伝える。
  • 事前に豆まきの歌を生活の中で歌っていくことで、節分会でも歌えるようにしていく。
  • 手の洗い方を子どもと確認する。
  • 必要な数のサンダルを用意し、事前に使い方を知らせる。
  • 保育者も加わりながら簡単なルールのある遊びができるように、遊びに必要な道具を用意しておく。
  • 目が行きやすい位置に時計の玩具を配置する。
  • 相手の気持ちを代弁したり解決の仕方を伝える。
  • 安心して過ごせるように3歳児クラスへ行きたがらない子は無理せず、時間をかけたり、気持ちに寄り添っていく。
  • 子どものほうから気づけるような声かけや動きをする、
  • じっくりと室内で過ごせるような指先を使った遊びを、計画的に取り入れる。
  • その時々の気づきや発見をほかの子どもたちに伝えたり、それをみんなで共有したりする機会として、昼食前の集まりの時などに、その日の遊びの中でおもしろかったことや感じていることなどがある子には話してもらう。