2月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • 使い方(特にセロハンテープ、鉛筆)は安全に気をつけ、見守りながら行う。
  • 歯磨きの大切さがわかるように紙芝居等をみて導入し、一人ひとり丁寧にやり方を伝えていく。
  • 一人ひとりの出来上がった作品を見て一緒に喜び満足感や達成感が味わえる声かけをする。
  • ボール遊びに興味のない子はこちらから誘って一緒に楽しむ。
  • リズム遊びの動き方を丁寧に知らせ、一つひとつの動きをじっくり楽しめるようにする。
  • 衣類の着脱では、どうしたらうまくできるのか、個々の様子を見て、その子に合わせてやり方を知らせる。
  • 何時から次の行動に移るのか事前に玩具の時計を使い伝えることで、時計を少しずつ意識できるようにしていく。
  • 歌やダンスの発表では、一人一人の努力を認め、大いにほめて、自信がもてるようにする。
  • 危険のないようそばに付き、サンダルのはき方、脱ぎ方などをそのつど丁寧に知らせる。