2月の月案文例(4歳児・環境配慮)

  • 子どもの発想を大切にして、互いを認め合いながら形にすることで、楽しい気持ちや、次もやりたいという気持ちがもてるようにする。