2月の月案文例(5歳児・環境配慮)

  • 生活発表会に向けて、他のグループと鑑賞し合い、意見交換できる機会を設ける。
  • 節分や恵方巻きの意味や由来や、伝承されていく言葉も伝えていく。
  • 互いのよさや、工夫したところなどに気づき、尊重し、他者のよさや工夫を取り入れようとする姿を認める。
  • 文字や数字に関心が深まる遊びを提供し、楽しみながら習得できるようにしていく。
  • よいこと、悪いことについて、生活や遊びの中で伝える。
  • 自分で試してみようとする姿を大切にし、共感して楽しさや喜びが味わえるようにする。
  • 進んで行う姿は大いにほめ、まわりの子どもにも伝えるなどして、意識させる。
  • 生活や遊びの中で時刻や時間について具体的に知らせ、子どもが意識して活動に取り組めるようにする。
  • 保育者も場の状況に合った話し方をするようにし、子どもが自分で気づけるようにする。言葉が見つからない子には適切な言葉を補い、楽しく会話ができるようにする。