1月の月案文例(0歳児・)

  • 一人ひとりの体調の変化に気をつけて活動内容を考える。
  • 気温や湿度に注意し、暖房や空気清浄機などを適切に使い、換気を適宜行う。
  • 鼻水をすぐに拭けるよう、ティッシュをロッカーの上に置いておく。
  • 保育室など、子どもの生活空間をこまめに掃除する。
  • 子どもたちが伸び伸びと行動できる空間をつくる。
  • まだまだ寒い日が続くので、室内でも運動を楽しめる斜面や、ゆるい段差のあるコーナーを設定する。
  • 一人ひとりのペースに合わせながら、ゆったりとした雰囲気の中で食べられるようにする。
  • 午睡時には静かな環境を確保し、安心して眠れるようにする。
  • 天候や気温に合わせて室内や戸外で遊び、時間帯や遊びの内容を工夫する。
  • 個々の体調に気をつけながら、なるべく戸外へ散歩に行くようにする。
  • 子ども達自らが準備したいと思えるよう、靴下やエプロンは手の届く所へ用意しておく。
  • 行動範囲が広がり、危険や怪我のないよう保育者が側につき安全に気を付ける。
  • 室内の温度や換気に気をつけて快適に過ごせるよう環境を整えていく。
  • 扉タイプのロッカーに移動したり、ロッカーの段を下げたりと、個々の発達に合わせた環境をつくり、自分でやってみることに満足できるようにしていく。
  • くり返しのある遊びを何度も楽しめるように準備しておく。
  • 凧に興味を持てるように、自分たちで模様や色を付けるなどする。
  • 子どもたちが身の回りのことへの意欲を見せたときに十分取り組めるように連携をとりながら時間の確保をする。
  • 長時間外にいると冷えるので、遊び足りない時は雪などをタライに入れ、室内でも楽しめるように工夫をしていく。
  • 興味を示した遊びは、そばについてやり方を知らせながら一緒に楽しむ。
  • 手先の遊びに集中できるよう、コーナーをつくる。
  • しっかり握って描けるような、持ちやすいクレヨン等を用意する。
  • 保育者も一緒にごっこ遊びに参加したり、模倣遊びをしたりする。
  • 冬の自然に興味が持てるよう氷や霜柱、雪に触れる機会をたくさんつくる。
  • 気に入った玩具や絵本などは、手の届くところに用意しておく。
  • 戸外活動以外にも室内へ自然物を持ち帰り、ゆっくりと触れられるような環境を作っていく。
  • ぽっとん落としやシール貼りが集中して出来るような環境作りをしていく。
  • 発達に合わせた玩具を用意し、個々が遊びに満足できるようにしていく。
  • 落ち着いて遊べるように玩具や環境を整える。
  • 舐めた玩具は別にしたり、子どもたちの触ったところはこまめに拭いたりと衛生管理を徹底する。
  • 遊びこめるように、素材や玩具等を充実させたり、場所の確保をしていく。
  • わらべうたや絵本など、繰り返し楽しんだりできるよう、落ち着いた空間を保育者が作り出していく
  • 重ねカップや積み木、バケツなど見立て遊びにつながりやすいおもちゃを、手に取りやすい場所にたくさん置いておく。
  • 人形やカップ、バケツなど、人形の世話などのつもり遊びができるおもちゃをたくさん用意しておく。
  • 友だちとかかわってたっぷり遊べるように、天気や気温、体調に配慮しながら、戸外遊びの時間を長めに設定する。寒い日は、厚手の上着や帽子を用意する。
  • 友だちと見立て遊びを十分に楽しめるように、同じおもちゃを複数用意する。
  • 見立て遊びが広がるように、様々な玩具が見渡せるようなコーナーづくりをする。