1月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • 保育者が各テーブルにつき楽しく食べられるようにしながら、一人ひとりの食べ方や食べる量などを見てその子に合った言葉をかけるようにする。
  • 友達同士で歌や踊りを見せ合う場を設けていく。
  • 製作は素材や道具の使い方は知らせるが、子どもの自由な発想を大切にする。
  • それぞれの遊びのルールを分かりやすく知らせる。また、子ども同士のやり取りを見守り、トラブルが起きたときには必要に応じて気持ちを代弁するなど仲立ちし、相手の気持ちにも気づけるようにする。