1月の月案文例(5歳児・環境配慮)

  • 子どもの目標を聞き、粘り強く取り組む姿を認め、励ます。
  • 正月の伝統料理について、一つ一つの意味を伝えたり、地域によっての違いについて知らせるなど、子ども達が興味を持てるように話していく。
  • それぞれの家庭や地域、国の正月文化に興味をもち、聞いたり調べたりしたことを掲示して、各文化への尊敬や親しみを感じられるようにする。
  • つくろうとする意欲が高まるような言葉をかける。
  • 伝承遊びとして、こま、剣玉、すごろく、福笑い、凧揚げ、羽子板などを用意しやり方を保育者が率先して行い見せていく。ルールが理解できない子がいる時には保育者一緒にに見守りながら、みんなでいい雰囲気を作っていけるようにする。
  • 伝承遊びを継続していく為に、しばらくは保育者自身も興味を示し、気持ちを持続させていくことで、子どもにも興味を引き付けていく。
  • 友だちとのトラブルの中ではすぐに止めるのではなく、怪我のない程度に見守ったり、どう相手が感じていたのか本人はどう思っているのかを代弁しながら解決に導いていく。また、そうできたことを大いに認め、心の力を育てていけるようにする。
  • 異年齢児に親しみを持って関わる姿を認める。
  • 絵本などの話の内容が心に残るように、気持ちを込めて読む。
  • 子ども同士が自分の思いを出し、お互いのよさを認め合いながら遊びが進められるように見守り、必要に応じてヒントを出したり助言したりする。
  • 手洗い、うがいなどを進んで行う姿を認める。