7月の月案文例(1歳児・環境配慮)

  • 一人ひとりに合わせてゆったりとトイレに行ける時間や雰囲気を作る。
  • 落ち着いた雰囲気を心掛け、気持ちを伝えやすいようにする。
  • 苦手なものも食べられるよう楽しい雰囲気作りを行い食べられたら褒め、食べた事を認めていく。
  • 水遊びでは不安がる子は声掛けをしながら寄り添うことで少しずつ水に慣れるようにする。
  • 衣服の前後ろや食具正しい持ち方を伝えていく。
  • 食事では食具を持っていない方の手は食器に添えるように伝えていく。
  • 玩具や教材を口に入れてしまう子には丁寧にゆっくりと遊び方を伝えていく。
  • 自分で衣服を着たり脱いだりしようとする気持ちを大切にしながら、難しいところは着脱の仕方を丁寧に知らせ、さり気なく援助することで満足感を味わえるようにする。
  • 食べようとする意欲を大切にして見守り、うまくできないときには手を添えるなどの援助をする。
  • 水を怖がる子には、手に水を少しかけたり、たらいに手を入れたりして、無理なく慣れるようにする。
  • 語りかけには保育者がはっきりと分かりやすい言葉で返し、話をつなげていくなどのやり取りを楽しむ。
  • 水遊びや泥遊びでは、水や泥を口に入れないように十分注意しながら行う。
  • ひも通しのパーツなどの細かい物を口に入れないように、そばに付いて見守るようにする。
  • 食事の挨拶は保育者も一緒に行い、子どもの挨拶に応えるようにする。
  • トイレに座るのをいやがるときは無理強いしない。