6月の月案文例(1歳児・ねらい)

  • 梅雨の時期の身近な自然に触れながら、健康に過ごす。
  • 簡単な言葉やしぐさで自分の気持ちを伝え、十分に受け止められることで安定した生活を送り、友達や保育者と一緒に遊ぶ楽しさを味わう。
  • 保育者に見守られながら、自分の身の回りのことをやってみようとする意欲をもつ。
  • 自分の気に入った遊びを見つけて、じっくり遊ぶ。
  • 一人ひとりの健康状態に配慮しながら、梅雨期の衛生面に気をつけ、快適に過ごせるようにする。
  • 身の回りのことを自分でしようとする気持ちを育む。
  • 戸外活動を通して歩行の際、他児と手を繋ぎ関係を育む。
  • 成長に合わせた様々なスプーンの握り方を知り、食材をすくって食べる。
  • 保育者や他児に関心を持ち、積極的に関わる。
  • 保育者に思いを受け止めてもらい、清潔に、気持ちよく過ごす。
  • 保育者に見守られながら、好きな遊びや探索活動を十分に楽しむ。