6月の月案文例(0歳児・)

  • 沐浴時の保育者の動線を事前にしっかり確認し、子どもたちが落ち着いた気持ちで沐浴できるようにする。
  • 自分で食べて呑み込める形態にし、食への意欲を尊重する。
  • ハイハイやつかまり立ち、一人歩きなど移動が盛んになってくるので、机や棚の上、床の玩具などをこまめに片づける。
  • 段差や山を作るときは低めに設定する。
  • 一人一人の発達に合った全身を使った遊びや動きのある活動を取り入れる。
  • 室内で遊ぶときは、十分に体を動かせるよう、広く安全なスペースを確保する。
  • 立ち上がることが楽しい時期なので、立った時にちょうど目の高さにくる位置におもちゃを用意する。壁につけたり、天井からぶら下げたりして工夫する。
  • 自立睡眠ができるようになってきた子どもは、保育者が見守ることで入眠できるようにするため、眠る場所や手順を一定にし、落ち着いた雰囲気で安心できる環境を用意する。
  • 生活リズムが安定しない子どもには、その日の状況によって柔軟に対応する。
  • 室内の温度・湿度の確認、換気などを忘れずに行い、過ごしやすい環境を保つ。
  • けが防止のため、床に玩具が落ちていないように常に片づける。
  • プレイマットを設置する。
  • 一人一人が遊べるように、十分な数・量を準備しておく。
  • 戸外へ散歩するときは、目が行き届くよう少人数に分けて出かける。
  • 散歩する場所では、石やガラスなど危険なものがないかよく確認する。
  • 室内だけでなく、戸外へも積極的に出て、自然を感じられるようにする。
  • 危険な物がないか事前にまわりの様子を確認しておく。
  • ずりばいやおすわりの位置で好きなおもちゃを見つけられるように、手の届く高さに引っ張るおもちゃ、音の出るおもちゃを取りつけておく。
  • 好きな玩具が取り出しやすいように環境設定する。
  • 雨の日でものびのびと遊べるよう工夫し、安全にも配慮する。
  • 絵本は色、形、簡単な言葉のものを選び、興味が持てるようにする。
  • 楽しめるような歌や触れ合い遊びを取り入れて、歌ったり体を動かして遊べるようにする。
  • 簡単なあいさつの絵本、身近な動物の絵本などをくり返し読む。
  • 一人用のマットや、一対一で出来るスペースを用意する。