6月の月案文例(0歳児・)

  • 「着替えてさっぱりしようね」「ズボンをはくから足を上げてね」などと、行為を声に出して伝え、見通しがもてるようにする。
  • 「モグモグ」「おいしいね」と声をかけながら楽しい雰囲気の中で食べられるようにする。
  • スプーンにのせたり皿に取り分けるなど個々に配慮して自分で食べやすいようにする。
  • 自分で食べる意欲を持てるように見守り、援助していく。
  • 「かみかみ、ごっくん」など声をかけ、よくかんで食べられるように個々のペースに合わせて関わる。
  • 楽しい雰囲気の中で意欲的に食べられるように、明るい声でほめながら意欲に繋がるよう言葉を掛けていく。
  • 「甘いね」「どんな味かな?」と食材の味や興味が持てるような声掛けをして楽しく食事ができるようにする。
  • 生理的欲求を満たし、保育者の愛情豊かな受容により気持ちのよい生活ができるようにする。
  • 個々のリズムを見ながら、睡眠を十分取れる様にする。
  • それぞれの成長に合わせた身体を動かす遊びを行い、無理なく取り組めるよう配慮する。
  • 目を見つめてあやしたり、優しくゆっくりと声を掛けたりすることで喃語の発声を促していく。
  • 一人ひとりをよく見て不安なときは声をかけたり抱っこをするなど、安心できるようにする。
  • 手洗い時には「きれいになったね」「気持ちいいね」など一緒に手をこすりながら声をかけ、清潔になった快適さを感じられるようにする。
  • 膝の上で安心する子もいるので、ゆったりと関わり、少しずつ遊び始められるようにする。
  • つかまり立ちや歩行中、お座りのさいはバランスをくずしやすいので、そばにつき、すぐ手を出せるようにする。
  • 子どもの表情やしぐさを受け止め、欲求が満たされ安心して過ごすことができるように、ていねいに関わっていく。
  • 気温の変化を考慮して衣服の調節をする。
  • 午睡中に汗をかくこともあるので、午睡後はこまめに体をふいたり着替えたりして、肌の清潔を保つ。
  • 手洗いの際は保育者がそばに付き、蛇口の開閉、手の洗い方、ペーパーの使い方など丁寧に関わり、気持ちよさを一緒に味わって、自分でできる力を育てる。
  • 梅雨期を気持ちよく過ごせるように、こまめに汗を拭き、衣服の調節、着替えをして清潔を保つ。
  • 「汗をかいたね」など言葉を掛けながら着脱し、きれいになる心地よさを感じられるようにする。
  • 戸外で水・土・砂などの自然物に触れるときは「サラサラだね」「冷たいね」など言葉で伝え、楽しめるようにする。
  • 行動範囲の広がりに応じて、危険のないようによく見守り、声をかけたりしながら、探索活動が十分行えるようにする。
  • 危険を予測し、安全面に配慮しながら見守り、活動が楽しめるようにする。
  • 歌ったり音楽を聴くときは保育者も一緒に楽しむ。
  • 遊びが深まるように、保育者自身も共に楽しみながら楽しい時間を共有していく。
  • 玩具を口に入れたり、友達に投げたりするなど、危険な遊び方をしていないか、しっかりと見守る。
  • 「もう1回」という要求や期待の気持ちを感じ取り、できるだけ応えるようにしていく。
  • 自然物に触れながら散歩を楽しめるように、一緒に発見を喜んだり、子ども達が発見した喜びを感じられるような声掛けをしていく。
  • 感触遊びではスライムが口に入ってしまわないように気を付ける。
  • 保育者は優しくゆったりとした雰囲気でわらべ歌などを歌い、一人ひとりと十分にかかわるようにする。
  • かみつきには、その子の気持ちを受け止めながら、かむと相手が痛いということを言葉や表情で知らせていくようにする。
  • 友達の遊びに入れるように、保育者が仲立ちをする。
  • 分かりやすく、はっきり発音し、ゆっくりとした話し言葉を心がける。
  • 子どもが感じている気持ちを言葉で表現し、保育者との共感が芽生えるように関わる。
  • 優しくトントンし、眠るまで言葉をかけながらそばで見守る。
  • 周りの友達に関心をもって同じ物がほしい思いを理解し、玩具の数を増やして、仲立ちとなって思いの伝え方を知らせる。
  • 1対1のかかわりの時間を十分に取る。
  • 子どもの話したいという気持ちが増すように表情豊かに言葉を返し、嬉しくなるような応答をする。