6月の月案文例(5歳児・環境配慮)

  • 日常の挨拶は、保育者が子ども達の良いモデルとなるように見せていく。
  • 不思議だと思う気持ちを十分に受容し、共感しながら、問いへの自分なりの考えや思いを十分に聞き、必要に応じて言葉を添えるなど表現の援助を行う。