3月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • 散歩に行く機会を設ける。
  • 春を感じられる散歩コース、公園を選ぶ。
  • 上ばきを使用する機会を多くもつ。
  • 上ばき入れを用意する。
  • 直線や曲線(円)を切ろうとする子もいるので、保育者が線や絵を描いておき楽しくいろいろな形を切れるようにする。
  • 箸とスプーンの両方を用意し、好きなほうを使えるようにしておく。各テーブルに保育者がつき、楽しく食べられるようにする。
  • 保育者が仲立ちしながら、楽しい雰囲気づくりをする。
  • 保育者が率先して手洗いやガラガラうがいをしてみせる。
  • 3歳以上児用の園庭やホールなどで、危険な場所や遊び方に注意が必要な場所などを子どもと一緒に確認し、安全な遊び方を伝えていく。
  • 3歳児クラスで過ごしたり、異年齢児交流をしたりして、安心感や進級への期待感がもてるようにする。
  • 一緒に楽しみながら、さりげなく誘う。
  • ごっこ遊びでは保育者も一緒に遊びに参加する中で、子どもの自由なつぶやき、言葉を大切にし、子どもの発想をつなげて遊びを展開できるようにする。
  • ストーリーのある絵本や少し長い絵本や紙芝居も取り入れる。
  • 一人ひとりの食べ方や食べる量などは、その子に合わせて声をかける。
  • 円を切るときのはさみの使い方は、刃先が自分や人に向かないよう話をしながら、手を添えて知らせる。
  • 活動の中に上ばきをはく機会をつくり、脱ぎはきの仕方を丁寧に伝える。
  • 靴の左右に気づかせ、正しく履けるようにコツを知らせる。