3月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • 経験する内容に偏りが出ないよう、いつも同じ遊びをしている子にも、新しい遊びに誘いかける。
  • 子どもの小さな成長にも気づき、称賛し、励ましながら、自信、意欲へと繋げていけるようにする。
  • 子ども同士で遊ぶ様子を見守り、必要に応じて声をかけ、イメージを共有して楽しめるようにする。
  • 自分から「これでいい?」と聞いてきたら、丁寧に知らせ、自分でできたときはほめて自信につなげる。