5月の月案文例(0歳児・評価)

  • 食事では、離乳食の進み方も順調で、食材も増えてきている。そしゃく量が少ないので、大人のかむ姿を見せるなどして、そしゃく力を高めていきたい。
  • 保育園生活に慣れると同時に疲れも見られるようになった。発熱したり咳をしたりなど体調を崩しやすい子がいたので、来月からも健康管理に気を付け、快適で健康に過ごせるようにしたい。
  • 天気のよい日は、なるべく戸外に出かけ、春の自然に触れて楽しみ、手をつないで歩いた。また、いろいろな遊具で遊んで興味・関心を広げ、声をかけて友達と一緒に遊び楽しむこともできた。
  • 疲れや気候のせいで体調をくずす子が多かった。変化を見逃さないよう十分に気をつける。
  • 保育所の生活リズムにも慣れてきてよく遊べるようになった。月齢の高い子は戸外、低い子は室内と、遊ぶ場所を分けたことでそれぞれがじっくり遊ぶことができた。