5月の月案文例(0歳児・)

  • 安心できる環境の中で、抱っこや布団に横になって入眠する。
  • 食事を楽しみに待ち、エプロンをつけたり、手を拭いたりする準備に対して協力する。【自分】
  • オムツを替えてもらうことの心地よさを味わう。
  • 室内や戸外での歩行を楽しみ、身体の発達を高める。
  • 保育者に抱きしめたり言葉をかけられたりして、安心感を得て眠る。
  • 保育者の笑顔や受容の下、温かな雰囲気の中で安心して過ごす。
  • 連休明け、疲れが出やすく、生活リズムも崩れやすいので、ゆったりした環境の中ゆっくり休み、生活リズムを整え安心して過ごしていく。
  • 興味のある玩具まで自ら移動をしようとし、その玩具で遊ぶことを楽しむ。
  • 食前の手洗いや、食後の顔ふき、手ふきなどに慣れる。
  • 自分で歩きたいという気持ちが出てくる。
  • 機嫌のよいときは喃語がよく出るようになってくる。
  • ベビーマッサージ、わらべうた通して手足の運動機能を高めていく。
  • 発達の状態に合わせて全身運動や探索活動を喜んで行う。
  • 安心して感情が出せるようにする。
  • カーテンを閉めたり、照明を調節したりすることで、眠りやすい明るさの室内を整える。
  • 環境にまだ慣れず、不安がる子に対して、特定の保育者が寄り添う。
  • 「かみかみね」と声をかけながら離乳食をよくかんで食べられるようにする。
  • 上唇を閉じて自ら取り込むのを待ち、1さじずつ食べさせる。
  • 毎回の食事に対して手順を一定にし、食べている時は目を合わせ、「モグモグ」などと優しく声をかけて進める。
  • 子どもの「食べよう」という意欲がわくような温かくて励みになるよう声掛けをしていく。
  • コップの持ち手に一緒に手を添え、自分で持つことを知らせながら、「自分で」の意欲を育てる。
  • 食具に興味を持ったら、子どもの手に持たせ、保育者の手を添える。また、自分で食べた・飲んだという喜びを感じさせる。
  • 他児が楽しそうに歩行している姿を見せるなど、楽しい雰囲気をつくる。
  • 日によって気温の差が激しいので、衣服の調節をこまめにする。
  • 個々の生活リズムに合わせて柔軟に対応し、それぞれにあった生活ができるようにする。
  • 不安になっている気持ちを受け止め、やさしく声をかけながらゆったりと関わり、無理のないように過ごせるようにする。
  • 生活リズムや様子を見ながら、なるべく静かな場所で眠れるようにする。
  • 気持ちを訴えてくることがあるので、しっかりと受け止めて関わる。
  • 気温や室温によって衣服を調節する。
  • 保育者は声のトーンを意識し、やや高めのやわらかい声で静かに語りかけるようにする。
  • 次第に自立睡眠ができるようにしていく。それまでは、入眠時に抱っこをしたり見守ったりして安心して眠りにつけるように配慮する。
  • ベビーマッサージを習慣化し、習慣化していく。
  • 安全に生活できるように玩具などが散らばらないようにする。
  • 笑顔で向かい合って喃語に応答し、発語につなげていく。また、わかりやすくはっきり伝わるように、口を大きく動かして伝える。
  • オムツ台は毎回消毒をして清潔感のある環境に整える。
  • 保育者の優しい声かけの下、安心してオムツ交換ができる雰囲気をつくる。
  • 子どもの背の高さに合わせた椅子を用意する。
  • 子どもから少し離れたところで保育者が、「おいでー」と笑顔で手を広げて待ち、保育者の元まで歩くことから、身体能力や歩行バランスの向上を促す。
  • 段差の上り下りを経験させ、手足の発達を促す。
  • 連休明けの不安な気持ちを受け止め、生活リズムを整えられるようゆったり関わり、安心できる環境を作る。
  • 個々の欲求のサインに気づき、満たせるように心掛ける。
  • 子どもの様子に合わせて、添い寝するなど、安心できる環境をつくる。
  • 抱っこやおんぶをしないと眠らない子がいる。
  • 連休明けで不安定になり泣く子もいる。
  • 前月はミルクをあまり飲まなかった子も、少しずつ飲む量が増えている。
  • 離乳食の食べ具合によりミルクも飲む。
  • 食欲旺盛で何でもよく食べる子もいる。
  • おむつ交換のときにいやがることがある。
  • 少しの物音にも敏感で、寝ていても目を覚ましたり泣いたりする。
  • 環境の変化で泣いて遊べなかった子も、満腹時など機嫌よく過ごすときもある。
  • まだ寝返りは打てないが、腰を支えるとできるときもある。
  • ハイハイをする子では、前進するよりも後ろに進むことが多い。
  • 抱っこやおんぶをすると泣かずに過ごせるようになる。
  • 眠くなってくると、ぐずり泣きをする。
  • 離乳食を食べさせてもらうときに、手づかみで食べようとする。