5月の月案文例(0歳児・)

  • カーテンを閉めたり、照明を調節したりすることで、眠りやすい明るさの室内を整える。
  • コップの持ち手に一緒に手を添え、自分で持つことを知らせながら、「自分で」の意欲を育てる。
  • 食具に興味を持ったら、子どもの手に持たせ、保育者の手を添える。また、自分で食べた・飲んだという喜びを感じさせる。
  • オムツ台は毎回消毒をして清潔感のある環境に整える。
  • 保育者の優しい声かけの下、安心してオムツ交換ができる雰囲気をつくる。
  • 子どもの背の高さに合わせた椅子を用意する。
  • 子どもから少し離れたところで保育者が、「おいでー」と笑顔で手を広げて待ち、保育者の元まで歩くことから、身体能力や歩行バランスの向上を促す。
  • 段差の上り下りを経験させ、手足の発達を促す。
  • 連休明けの不安な気持ちを受け止め、生活リズムを整えられるようゆったり関わり、安心できる環境を作る。
  • 個々の欲求のサインに気づき、満たせるように心掛ける。
  • 子どもの様子に合わせて、添い寝するなど、安心できる環境をつくる。
  • 散歩や外気浴を十分に楽しめるよう、大きな石や木の枝などを排除し、安全な環境を整える。
  • 天気のよい日は戸外活動を取り入れる。乳母車に乗ったり歩いたりする経験を大切にするため、適切な場所を設定する。
  • 手でつかみやすく投げても大丈夫な、柔らかい玩具を用意する。
  • 散歩は、春の自然に親しめるよう、桜の木や花壇の花が見えるところを選ぶ。
  • 時々心地よい音楽を、耳障りにならない音量で流し、ゆったりとした雰囲気をつくる。
  • 何でも口に入れようとするので、危ないものがないよう、よく点検する。
  • 外から帰ってきたときには手洗いや着替えを行い、清潔にする。
  • 高月齢でハイハイやつかまり立ちをする子と低月齢で寝ながら遊ぶ子で危険が無いように室内を広く使えるように配慮する。
  • 散歩をする場所では、石やゴミ、ガラスなどの危険な物がないよう気をつけて確認する。
  • 安心してつかまり立ちや座位が出来る環境を提供する。
  • ハイハイやずりばいでの探索活動が十分にできるように安全で清潔なスペースを作る。
  • さまざまなものに興味がわくように、鳥や動物などの鳴きまねをするなどをしていく。
  • 1対1で子どもと目線を合わせ、一人ひとりにじっくり関わっていく時間を作る。