5月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • いろいろな楽器(鈴や太鼓、ハーモニカ、リコーダーなど)を用意し、楽器を使いながら、歌を楽しめるようにする。
  • おもちゃや素材は手の届くところに置き、興味のあるものを自由に出して遊べるようにしておく。
  • コーナーを作るなどし、集中して遊べる場所を作る。
  • ごっこ遊びや見立て遊びのイメージを助けるような道具や衣装、素材の種類と量を吟味して準備する。
  • トイレは常に清潔に保っておく。
  • 散歩先で様々なこいのぼりを見つけたり、クラスでもこいのぼりを作って飾ることで、季節の行事への関心を共有できるようにする。
  • 散歩先の様々な花に興味をもつ子が増えてきたため、園庭の花で色水遊びが楽しめるような環境を用意する。
  • 自分でできた満足感が味わえるように、衣類や靴などを、扱いやすいように並べておく。
  • 手遊びや触れ合い遊びをするときは、ゆったりとした環境で楽しめるようにする。膝に乗せるなど、できるだけ1対1で関わるようにする。