5月の月案文例(3歳児・環境配慮)

  • 連休明け、個々の生活リズムをゆっくりと戻せるように関わる。
  • 連休明けで不安がる子がいるため、泣いている時は寄り添って過ごしたり、一緒に遊んだりするなど、丁寧に対応していく。