• 環境配慮

    • 子ども達が自分の遊びたい物を選んで遊べるようにコーナーごとに玩具を配置して環境を整える。
    • 季節の花を植えたり、イチゴのプランターを見やすい場所に置いたりする。
    • 散歩用リュックの備品を確認しておく。
    • 園庭に出る際には、帽子、靴下、靴などを並べて子どもたちが見つけやすいようにしておく。
    • ごっこ遊びが広がるよう、ままごとセットなど、おうちの中で遊べる遊具の準備をしておく。
    • リズム遊びのための手作り楽器、ラジカセ、CDの準備をする。
    • できた作品は壁面に掲示する。
    • ハイハイや伝い歩きの子どもが安全に遊べるようにスペースを確保する。
  • 環境配慮

    • 戸外では、砂遊びや水遊びなどの感触遊びが十分に楽しめるように、コップやレンゲなどの道具を用意し、環境を整える。
  • 環境配慮

    • 落ち着いて着脱が行えるようスペースをしっかりとる。
    • 散歩コースは季節が感じられる場所を取り入れる。
    • 鼻水がでたら拭く、汚れたら着替える等、清潔に保つ気持ち良さを伝えていく。
    • 援助の必要な子には、丁寧に関わりながら園の食事に慣れるようにする。
    • オムツ交換は無理強いせず個々のペースに合わせ、声かけを工夫する。また、タイミングが合えばトイレに誘ってみる。
  • 環境配慮

    • 戸外に出て気分転換を図りながら、好きな物や好きな場所で十分に遊べるようにする。
  • 環境配慮

    • 発声や喃語、指さしには、視線を合わせやさしく応える。
    • 汚れたらふいて「きれいになったね」と言葉をかけて気持ちよさを知らせる。
    • 「そうね、ワンワンね、犬ね」とゆっくり正しい言葉で応答する。
    • 手遊びや歌は、やさしい声や笑顔でくり返し歌うようにする。
    • 滑り台などの遊具では危険がないように必ずそばに付いて見守る。
    • 次は何をしたらよいのか、何をするのかをそのつど伝え、一緒に行う。やろうとする気持ちをほめて、意欲につなげる。
    • 自分で衣服や靴の着脱をしたがる気持ちを大切にする。
    • 公園では、春の自然に興味を持たせながら、無理のない歩行を楽しませる。
    • リズム遊びのときには、一人ひとりの様子を見守り、みんなで楽しめる雰囲気をつくる。
    • 水遊びや砂遊びに保育者も参加し、水、砂や土の感触を楽しみながら、感触や硬さの違いに気づけるようにする。
  • 環境配慮

    • 園庭や戸外遊びの後は着替えをする心地よさを伝え、介助してもらいながらも手や足を動かすことで今後の着脱につなげていく。
    • 玩具の取り合い時には声を掛け、他の玩具で誘ってみる。
  • 環境配慮

    • 保護者も一緒に遊び、「楽しい」を共感していく。
    • 子どもが集中して遊んでいるときは見守り、子どもからの関わりにこたえていく。
  • 環境配慮

    • 食事の時間は余裕を持って、ゆったりとした雰囲気をつくる。
    • 食事をするテーブルの場所を決め、個人マークを付ける。
  • 環境配慮

    • 子どもが喜ぶ絵のオムツ交換マットの用意や、トイレ内にも絵を貼るなどする。
  • 環境配慮

    • 手を添えながら、洗うときの手の動かし方やふき方を伝える。
    • おむつをこまめに替え、心地よい状態を知る。個々に応じてトイレに誘う。
    • 子どもの好きな絵本や生活に身近な絵本をいつでも取り出せるようにしておく。
    • 落ち着ける場所を作り、好きな玩具でゆっくりと遊べるようにする。
  • 環境配慮

    • 1人ひとりが十分なスペースで遊べるようにしていく。
  • 環境配慮

    • 子どもたちの好きな物・玩具・歌など把握し、取り入れていく。
    • 子どもの思いを受け止め代弁しながら、友達とも同じ空間で遊びを楽しめるように配慮する。
    • 安全に気をつけ、草花や虫、小動物を見たり、触れたりしながら遊べるようにそばで見守る。子どもの発見や驚きに共感する。
  • 環境配慮

    • まだ、新しい環境に戸惑っている子も多いので、保育者がしっかりと寄り添い安心感を与える。
  • 環境配慮

    • 一人一人の寝るときの癖や特徴をつかみ、安心して眠れるようにする。
  • 環境配慮

    • 行動範囲が広がるので、人数確認をし、けがや危険のないように見守る。
  • 環境配慮

    • 疲れやすく体調を崩しやすいので、休息や睡眠が十分に取れるように、個々の状態を十分に把握する。
  • 環境配慮

    • 時差保育で一人一人にゆったりと関わる。
  • 環境配慮

    • 見通しが持てるように、次の行動へ移るときに何をするのか、そのつど伝える。
  • 環境配慮

    • いつも同じ位置で午睡をとるようにし、安心して入眠できるように必要な子は側についていく。
    • 一日の流れを同じに行うことで、生活リズムをつきやすくしていく。
    • 朝の健康状態の観察を丁寧に行うようにする。