• 環境配慮

    • 長期休みを取った子や休み明けは、特に体調管理に留意し一人ひとりの健康状態を把握する。
    • 猛暑日には屋外遊びやプール遊びを控えるようにする。
    • 子どもの思いや気づきに共感し、温かい言葉をかけ、安心して思いが表せるような雰囲気をつくる。
    • 暑さによる生活リズムの乱れを整え、健康に過ごせるようにしていく。(水分補給・休息を十分に調節する・食欲不振の子に対して食事の量を減らすなど)
    • 保育室の風通しや、冷房の温度設定に配慮する。
  • 環境配慮

    • 保育者が子どもの思いや、気づきに共感し、安心して自分の思いが表せるような雰囲気をつくる。
    • シラミが見つかった場合、個別にシャワーをしたり、午睡場所をわけてシラミを広げないようにする。又、そのことで不安な気持ちになることがないように配慮する。
    • プール活動後、体調が変わる事があるので健康状態を留意しておく。
    • 子どもの気持ちを温かく受容し、安心して自己を十分に発揮しながら活動できるようにする。
  • 環境配慮

    • 水遊びや、夏祭りごっこ、お店屋さんごっこ、おばけ屋敷ごっこなどの遊びのイメージが抱けるように、絵本や写真、盆踊りの曲などの環境を構成する。
    • 不思議に思ったことを、いつでも調べられるよう、夏の自然事象に関する絵本や図鑑を、絵本コーナーに用意しておく。
    • 遊びを把握し、必要な素材や道具を用意する。
    • 話の展開が楽しめるような、子どもたちが親しみやすい本を用意しておく。
  • 環境配慮

    • 朝、給食室からコップが来たら名札の声掛けをして、自分で水分補給を意識していけるようにする。
    • 必要に応じて、似ている意見をまとめたり、新しいアイデアなどを確認したりして、話し合いの進行を支援する。
    • 安全について、具体的な場面をとらえ、気づかせたり、考え合ったりしながら、約束を守って楽しく遊びが進められるようにする。
    • 一人ひとりの発想や工夫を受け止め、イメージしたことが実現できるよう一緒に考える。
  • 環境配慮

    • 夏の健康的な過ごし方について話し合い、自分から進んで行えるように促す。
    • 夏の生活に必要な習慣について、子どもたちに声をかけて知らせていく。
  • 環境配慮

    • 子どもの気持ちを温かく受容し、子どもが安心して自己を十分に発揮して活動できるようにする。
    • 子どもの発見や驚きに共感し、その場で自然の変化について話したり、命の大切さを知らせる。
    • 年下の友達に親しみをもち、優しさや思いやりの気持ちが育つように、言葉かけや仲立ちをする。
  • 環境配慮

    • 遊びが継続するように、製作物などを保管しておける十分な空間を用意する。
    • 一緒に考え、予測し、実際に調べたり、試したりできるように、十分な用具と時間を用意する。
  • 環境配慮

    • 温度計や湿度計などを設置し、実感と数字を比較したり、認識したりできるような環境構成を工夫する。
  • 環境配慮

    • クラスで人気の遊びを把握し、必要な素材や道具を用意する。
    • 掲示や、配布物などを工夫して、ほかのクラスの子どもや、家族、地域の人と関わる様子を確認したり、さらに考えたりするきっかけとする。
    • 楽しかった経験を振り返って達成感や充実感が味わえるように、記録や掲示を工夫する。
    • プールやその周辺の安全や衛生面に配慮する。
    • プール遊びが十分楽しめるよう、用具などを用意しておく。
  • 環境配慮

    • 子どもの話をゆったりと聞く時間をつくる。
  • 環境配慮

    • 日差しが強いので、遮光ネットやパラソル、レース地のカーテンなどを設置し、直射日光が当たらないような環境をつくる。
  • 環境配慮

    • 活動と休息のバランスをとり、心身の疲れが取り除けるよう、休息・午睡の大切さを伝える。
    • シラミが見つかった場合、個別にシャワーをしたり、午睡場所をわけてシラミを広げないようにする。又、そのことで不安な気持ちになることがないように配慮する。
  • 環境配慮

    • 水分補給をこまめに促したり、汗をかいたら着替える。
  • 環境配慮

    • 長期休みを取った子や休み明けは、特に体調管理に留意し一人ひとりの健康状態を把握する。
  • 環境配慮

    • プール活動後、体調が変わる事があるので健康状態を留意しておく。
  • 環境配慮

    • 猛暑日には屋外遊びやプール遊びを控えるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもの思いを受け止め、安定した生活が送れるようにする。
    • 自分でしようとする姿を認めたり、ほめたりする中で自信につながるようにする。
  • 環境配慮

    • 自分で体の異常を感じた際には保育者に伝えるように促すとともに、言葉を添えながら、どんな状態なのかを一緒に探る。
  • 環境配慮

    • いつでも水分補給ができるように、各自の水筒やお茶のやかん、コップを遊びの場に用意しておく。