• 環境配慮

    • 健康管理を十分に行い、異常のあるときは的確に対応する。
  • 環境配慮

    • 温度、湿度をこまめに確認し、扇風機も利用して、ぐっすりと午睡できるよう配慮する。
  • 環境配慮

    • 空調で室温を調節し、快適に過ごせるようにする。
  • 環境配慮

    • 快適に過ごせるよう室温管理を行うと同時に、必要に応じて着替えをするよう声をかけて意識づけていく。
  • 環境配慮

    • お泊まり保育に向けて保護者から離れて寝ることに不安を感じている子には、楽しい活動内容や、保育者や友達がいることを伝え、安心できるようにする。
    • 食器の正しい置き方を室内に掲示する。
  • 環境配慮

    • 楽しいプール活動の参加は元気で過ごしていく事が大切である事を伝え、午睡・生活リズムを整えていけるように声を掛ける。
    • 昼食やおやつの時の挨拶の意味を伝える。
    • 友だちとのやり取りの中で、言葉使いや声の大きさを相手の立場になって考え、どう伝えたらよいのかを知らせていく。
    • 夏に経験した事、感じた事を伝え合う場、又、疑問に思った事を皆で話し合える場を設け、子ども同士のやり取りを大切にしていく。
    • 夏祭り当日に向けて、イメージにした物が形となって出来るよう、様々な素地を用意していく。
    • 夏休みに園外で経験したことを、子ども同士が安心して伝え合うことができるように配慮する。
    • 夏休みの経験が、新たな遊びに発展することを予想し、それぞれの経験を丁寧に聞き、思いを受け止めていく。
    • プール活動では浮力や水圧を体で感じたり、友だちの出来る事に刺激を受けていく。
    • プール遊びのルールを伝え、一人ひとりが十分に楽しめるようにする。
    • 盆踊りは大人も一緒に行い、楽しく行えるようにしていく。
    • 異年齢の友だちと関わって遊ぶ楽しさ、おもしろさを伝える。
    • 一人ひとりの話したい気持ちを受け止め、援助する。
    • 夏の自然事象を子どもと一緒に見たり、感じたりしながら共感する。
    • 靴や上履きの左右を逆にはいていたり、ボタンをかけ違っていたりする子には、そのつど分かりやすく伝える。
    • 子どもと一緒に踊ったり、おみこしをかついだりする中でお祭りの楽しさを伝える。
    • 排便後の始末を自分でやろうとしない場合は方法を伝え、意欲をもてるようにする。
  • 環境配慮

    • 野菜の生長を観察する中で、子どもの発見に共感し、継続して世話をできるようにする。
    • 話を聞くときの姿勢をくり返し知らせ、自分で気づけるようにする。
  • 環境配慮

    • カブトムシやザリガニの飼育ケースを子どもの見やすい場所に置く。えさや水分が不足しないよう、当番を決める。
    • 近所の公園や草むらに、虫探しに行く機会をつくる。
    • 子どもたちと話し合いながら、描いた星座を飾る。暗い空間を作るための素材を準備しつつ、子どもたちに委ねる。
    • 夏の思い出を振り返って、発表する時間を設ける。
    • プール遊びが楽しめるよう、おはじき、フラフープ、バケツ、じょうろ、水鉄砲などを用意する。
    • 異年齢の友だちと、関わって遊べる時間をつくる。
    • 絵本や図鑑を見やすい場所に用意しておく。
  • 環境配慮

    • 魚や昆虫など子ども達がいつでも好きな時に観察できるようにする。
    • 水遊びが十分に楽しめるように道具は十分な数を用意しておく。
    • 日差しが強く、栽培している野菜や植物の土がすぐ乾いてしまうので、すぐに水やりができるよう、じょうろを取り出しやすい場所に置く。
  • 環境配慮

    • 保育室への日差しをやわらげるためにグリーンカーテンを準備したり、デッキにマットやござを敷いたりする。
    • 盆踊りの曲を流し、踊ったり、年上の子の太鼓をたたく姿を見たりしてお祭りに向けての楽しい雰囲気づくりをする。
    • 朝、給食室からコップが来たら名札の声掛けをして、自分で水分補給を意識していけるようにする。
  • 環境配慮

    • アサガオの花が咲いたり、花がある時は色水セットを出して子ども達自身から取り組んでいけるようにする。
    • 生き物にあまり興味のない子も、気が向いた時に観察できるようにし、帰りの会などで、クラス全体でも見たり、観察する機会をつくったりする。
    • 絵具を園庭に用意したり、プール遊びが思い切り楽しめるよう、遊びの時間を作る。
  • 環境配慮

    • 水遊びやプール遊びが楽しめるよう、ゲームや用具などを用意しておく。
    • 絵本や図鑑などを見やすいように用意しておく。
    • 子どもが話しやすいような環境をつくっておく。
    • 夏ならではの歌や踊りを用意しておき、楽しさを伝える。
    • 夏休みの期間中は、普段とは違う保育室や人間関係の中での生活となるため、個々の子どもが安心できる雰囲気づくりに留意する。
    • 食事に必要なマナー(姿勢、食器の持ち方など)や態度を身に付ける。
    • 保育者自身が子どもの正しい手本となるような食事のマナーを心がける。
    • 保育者自身が子どもの正しい手本となるような行動をとる。
  • 環境配慮

    • 生き物にも大切な命があることを伝え、優しく見たり触れたりする気持ちがもてるようにする。
  • 環境配慮

    • 異年齢児と活動を共にする中で、あこがれの気持ちに共感し、自分の力以上のことに取り組もうとする意欲を見守り、援助する。
    • 製作遊びでは、工夫しているところを認め、自分の表現に自信や満足感がもてるように関わる。
  • 環境配慮

    • 家族で過ごした夏の思い出を聞く機会を設け、会話を楽しむ。そして、経験したことを自分なりに表現するきっかけにする。
    • 虫がいそうなところを知らせたり、図鑑や絵本を一緒に見たりしながら関心が持てるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもが話そうとしているときにはしっかりと聞き、一緒に喜び共感する。
    • 一緒に歌ったり踊ったり、体操をしたりして楽しむ。
    • 家庭での夏の経験を伝えにくる子どもに対して、時間をとって丁寧に聞くようにする。みんなの前で話したり、同じような体験をした友だちに話したりし、言葉で思いを共有することのうれしさを感じられるようにする。
    • 食器の正しい置き方を室内に掲示する。
    • アサガオの花が咲いたり、花がある時は色水セットを出して子ども達自身から取り組んでいけるようにする。
    • プール活動では浮力や水圧を体で感じたり、友だちの出来る事に刺激を受けていく。
    • 絵具を園庭に用意したり、プール遊びが思い切り楽しめるよう、遊びの時間を作る。
  • 環境配慮

    • 食事前後にすること(手洗い、あいさつ、歯磨き)の流れが分かるように、絵や写真を掲示する。
    • 異年齢の友達と一緒に活動したり、触れ合ったりできる場所や機会を確保する。
    • プールで滑り台を使用する際は、上下など、必要な場所に必ず保育者が付く。
    • いつでも子どもが自分の気持ちを出し、表現できるような環境をつくる。
  • 環境配慮

    • 全体に声をかけるだけでなく、一人ひとりに声をかけ、水分補給しやすいよう、1か所にクラス全員分のコップを置いておく。
  • 環境配慮

    • シラミが見つかった場合、個別にシャワーをしたり、午睡場所をわけてシラミを広げないようにする。又、そのことで不安な気持ちになることがないように配慮する。
  • 環境配慮

    • 室温や換気に気をつけ、時間を決めて冷房を使用したり、窓を開けて自然の風を取り入れたりして、午睡時の心地よい環境を整える。