• 環境配慮

    • 栄養の話(赤・緑・黄色)を話題にして興味がもてるようにする。
  • 環境配慮

    • 保育室の温度、湿度をチェックし、暖房や加湿器でちょうどよく調節する。
  • 環境配慮

    • 一人ひとりの健康状態を見守りながら、感染症の予防に努める。
    • 自分の思いや気持ちが伝えられるように、ゆったりと安心した雰囲気をつくる。
  • 環境配慮

    • 手の汚れを見る装置で、洗った手にどのくらいのばい菌が残っているか、目で確認する機会を設ける。
  • 環境配慮

    • 手洗い、うがいを丁寧にできるように、保育者がそばに付いて声をかける。
  • 環境配慮

    • 適温の麦茶を用意し、のどが渇いたらいつでも水分補給できるようにする。
    • 上履きの脱ぎ方、揃え方、履く場所を丁寧に伝え、習慣になるようにする。
  • 環境配慮

    • 室内の温度、湿度、換気を調整したり、活動、体調に応じた衣服の調節を自分で気がつく声掛けをする。
  • 環境配慮

    • 手洗いうがいの大切さを伝え、自分から進んで行っていけるよう保育者が見本になって伝えていく。
  • 環境配慮

    • トイレスリッパの置く場所を所を整えることで、整頓の仕方や手洗いのペーパーの使い方を再度確認しながら伝えていく。
  • 環境配慮

    • 安定した生活の中で活動できるよう、一人ひとりの気持ちを温かく受け止める。
  • 環境配慮

    • 一人ひとりの気持ちを受け止め、安定して過ごせるようにする。
    • 寒くなり手洗いが雑になったので、丁寧に洗う必要性を伝え、気づけるようにする。
  • 環境配慮

    • 朝夕の寒暖の差が大きいため、衣服調節の必要性を知らせるとともに、ファスナーは開けたままだと危険を伴うので必ず閉めることを伝える。
    • 鼻のかみ方や咳、くしゃみのエチケットについて子どもと確認し合う。
  • 環境配慮

    • 子どもの発見や驚きを大切に受け止め、冬の自然現象に興味・関心が持てるようにする。
    • 手洗い、うがいの大切さを知らせ、習慣が身につくようにする。
    • 仲間はずれにしていたら、「クラスみんなで○○組」であることを伝える。
    • 年を越す準備、街の様子の変化に気づくような声をかけたり、日本の伝統行事を伝えたりする。
  • 環境配慮

    • うがいや手洗い、衣服の調節ができるように環境を整える。
    • クリスマスリースづくりやツリーに飾る物をつくるための、キラキラした素材(モール、ホイル折り紙など)や、セロハン、毛糸などを用意する。
    • 子どもたちも掃除に参加しやすいように、子ども用の薄手の雑巾を用意する。
    • 正月遊びの遊具を子どもたちの手の届きやすい場所に用意する。
    • 玄関に大きなツリー、飾り棚にお菓子の家やオブジェなどを飾り、クリスマスの雰囲気をつくる。
    • 子どもの好きな曲、親しみやすい曲を選び、用意しておく。
  • 環境配慮

    • 自分の思いや気持ちが伝えられるような機会を多くつくる。
    • 手洗い、うがいの仕方を提示しておく。
    • 遊びの場を整備し、遊具、用具の安全点検をしておく。
    • 遊具や用具は、子どもが使いやすいように工夫し、多めに用意しておく。
    • お互いに気持ちを伝えながら、相手の思いも少しずつ受け入れられるように促す。
    • 合奏では少しずつ合わせていく体験や心地よさを感じるような音を出せるように練習し、皆で心を合わせた合奏となるようにする。
  • 環境配慮

    • 工夫して取り組んだ事や今までできなかったことが出来るようになったりといった、その子なりの成長を見つけ、皆に知らせることで友達の良い面を知ったり友達を認めていく。
  • 環境配慮

    • クリスマスの歌や絵本をみんなで楽しむ時間をつくり、イメージを共有し、保育者も一緒に楽しむ。
    • 子どもがやりたいと言ったことや興味を持っていることを見つけ実行したり、誘いながら体を使う楽しさを伝える。
    • 子どもの興味・関心の変化に応じて、本物のマジックの道具を提示するタイミングを考える。
  • 環境配慮

    • 様々な楽器に触れて、音色を感じていく。
    • 雑巾の使い方を一緒に確認し、今年1年過ごした保育室への感謝の気持ちをもって掃除できるように話をする。
  • 環境配慮

    • 友だち同士でイメージを共有していけるよう、一人ひとりのイメージしているものを一緒に形にしてみたり、集まりの際に紹介したりするなど、それぞれのイメージのおもしろさを伝える機会をつくる。
    • どろけいや鬼ごっこをする際には、寒さで体が硬くなりやすいので、体を温めてから遊べるように配慮する。
    • ファンタジーの世界を壊さないように盛り上げ楽しんでいけるようにする。
    • 自らが気がついて行動していけるような声の掛け方、援助を工夫していく。