• 健康

    • 他児に関心を持ち、同じ空間で過ごす事を好む姿が増える。
  • 健康

    • 「ハァー」と息を吐いて、息が白くなるのを見る。
  • 健康

    • 3歳以上児クラスと連絡をとり合い、一緒に散歩に行く機会をつくる。
    • 遊びを見守りながらも、一方的な行為や怪我につながりそうな時は仲立ちしていく。
    • 園庭や散歩先等十分なスペースを確保してボールの数もある程度用意する。
    • ごっこ遊びのイメージが広がるような小道具を用意しておく。
    • コップを使ってガラガラうがいのやり方を見せながら個別に知らせる。
    • 子どもが取りやすい入れ物に入れる。
    • サンダルの左右セットが分かりやすいように、マークを付けておく。
    • 自然現象が体験できるよう、バケツに水を前日に用意したり、霜柱等体験できるように行ってみる。
    • 自分で好きなものを手に取りやすいような環境を作り、整理していく。
    • 集中して行えるよう他の遊びと混ざらないスペースで行う。
    • ストーリー性のある絵本を用意し、自由に見ることができるようにする。
    • それぞれの子どもが気づいたことや、その時試していることなどを写真に撮って壁面に掲示したり、関連する図鑑や写真絵本などから抜き出し、掲示するなどして、互いの発見を「見える化」するような環境を工夫する。
    • トイレのサンダルはどこから履いて脱ぐのか子ども目線ではっきりとわかるようにし、一緒に行いながら身につくようにする。
    • 年齢の近いプレジャーとの時間を多く取り、進級したときに安心できるようにする。
    • 衣服の前後がわかるよう、そばについて見分け方を知らせる。
    • 歌やダンスを友達同士で見せ合う場を設ける。
    • 感覚の玩具を行う際、五感を働かせ感覚に集中出来るよう周囲に他児の少ない場所や他児も玩具に集中している環境で教えるようにする。
    • 靴の左右がわかるように並べておき、正しく履けるようにする。
    • 子ども同士トラブルになりかけた際は互いの気持ちを代弁して伝える。
    • 事前に豆まきの歌を生活の中で歌っていくことで、節分会でも歌えるようにしていく。
    • 手の洗い方を子どもと確認する。
    • 必要な数のサンダルを用意し、事前に使い方を知らせる。
    • 保育者も加わりながら簡単なルールのある遊びができるように、遊びに必要な道具を用意しておく。
    • 目が行きやすい位置に時計の玩具を配置する。
    • 相手の気持ちを代弁したり解決の仕方を伝える。
    • 安心して過ごせるように3歳児クラスへ行きたがらない子は無理せず、時間をかけたり、気持ちに寄り添っていく。
    • 子どものほうから気づけるような声かけや動きをする、
    • じっくりと室内で過ごせるような指先を使った遊びを、計画的に取り入れる。
    • その時々の気づきや発見をほかの子どもたちに伝えたり、それをみんなで共有したりする機会として、昼食前の集まりの時などに、その日の遊びの中でおもしろかったことや感じていることなどがある子には話してもらう。
    • それぞれの遊びのルールをそのつど、分かりやすく伝える。また、子どもの「やりたい」という思いを大切に受け止め、継続して楽しめるようにする。
    • 使い方(特にセロハンテープ、鉛筆)は安全に気をつけ、見守りながら行う。
    • 歯磨きの大切さがわかるように紙芝居等をみて導入し、一人ひとり丁寧にやり方を伝えていく。
    • 一人ひとりの出来上がった作品を見て一緒に喜び満足感や達成感が味わえる声かけをする。
    • ボール遊びに興味のない子はこちらから誘って一緒に楽しむ。
    • リズム遊びの動き方を丁寧に知らせ、一つひとつの動きをじっくり楽しめるようにする。
    • 衣類の着脱では、どうしたらうまくできるのか、個々の様子を見て、その子に合わせてやり方を知らせる。
    • 何時から次の行動に移るのか事前に玩具の時計を使い伝えることで、時計を少しずつ意識できるようにしていく。
    • 歌やダンスの発表では、一人一人の努力を認め、大いにほめて、自信がもてるようにする。
    • 危険のないようそばに付き、サンダルのはき方、脱ぎ方などをそのつど丁寧に知らせる。
    • 戸外でも時計が意識できるように、公園に着いた時間や帰る時間を、時計を見せながら伝えていく。
    • 互いの気づきや発見を共有しながら、一緒に確かめたり、味わったりしている姿を丁寧に捉え、「新たな探究につながりそうなものを探っていく。
    • 子どもたちから好きな歌を聞いて、みんなで歌って好きな歌を楽しめるようにする。
    • 子どもの驚きや発見を受け止めて、自然への興味、関心が深まるようにする。
    • 子どもの発見や試行錯誤を先取りしたり、言葉で整理したりすることを急がず、その子なりにじっくり味わっている姿を見守り、言葉にしたり、伝えようとしたりする姿が生まれるのを待つ。
    • 子ども達が必要と思っているものを汲み取り、代用できるものを用意する。
    • 自分でやろうとすることについては、子どもが焦らずに取り組めるよう、保育者間で連携を取り、それぞれのペースに合わせて次の活動に移れるような体制を整える。
    • 自分の発見を保育者や友だちに伝えようとする姿が出てきたら、丁寧に耳を傾け、その内容に共感していく。
    • 手洗い、うがいを上手に行ったときには大いにほめ、習慣が身に付くようにする。
    • 新たな試みが生まれてきた時には、周囲の子どもたちと一緒に驚き、そのおもしろさに共感していく。
    • 身の回りのことを自分でしようとする姿を見守り、できた喜びに共感する。
    • 生活や遊びの中で色、数、量、形などに興味を持ち知る、考える、覚えることに楽しさを感じられるようにする。
    • 切ったり、はったりした物を遊びに取り入れ、自分でつくった満足感が味わえるようにする。
    • 切った紙を遊びに取り入れ、楽しめるようにする。
    • 着替えの際は、靴下の左右や上着の表裏の確認や、ボタンやファスナーなど子どもが自分でできない部分のみを少し手伝い、そのほかは、ゆっくりでもできるまで見守り、できた喜びに共感していく。
    • 排便後の始末の仕方を知らせながら、できないところは手伝う。自分でしようとするときは見守る。排尿間隔の短い子には早めに誘いかける。
    • 表現遊びのもとになる絵本や短い紙芝居などをたくさん取り入れたり、小道具(動物のお面やしっぽなど)を作ったりして子どもたちがなりきって楽しめるようにする。
    • 保育者が遊びを提供せず、子ども達が自分たちで決めたり、展開させる楽しさが感じられるよう見守っていく。
  • 健康

    • トイレや着替えなどは、先回りして声をかけることを控え、少しずつ子どもが自分で気づき、自分のタイミングでやろうとする姿を見守っていく。
  • 健康

    • 着替えのときは時間に余裕を持ち、ゆっくりと身支度ができるようにする。
  • 健康

    • 一人ひとりの発見やつぶやきに共感できるよう、少人数で散歩に出かけるようにする。
  • 健康

    • 絵本や図鑑を用意し、冬の自然事象に興味がもてるようにする。
  • 健康

    • 3歳以上児と一緒にグループに分かれて散歩に行き、異年齢で遊ぶ楽しさを味わう。
    • 3歳児クラスの部屋で遊びや生活を体験することでゆっくりと時間をかけながらなじんでいく。
    • 新しく出したトイレのスリッパの使い方がわかるように、一人ひとり確認しながら一緒に行う。
    • ごっこ遊びや運動遊びを通して順番やルールを知る。
    • ごっこ遊びや簡単なルールのある遊びを楽しむ。
    • トイレのサンダルに慣れる。
    • 廃材などを使って製作を楽し。
    • はさみ、セロテープ、鉛筆など指先を使った細かい作業に挑戦しながら製作や塗り絵等を楽しむ。
    • はさみ、のりを使って、つくることを楽しむ。
    • ボールを使った遊び(投げる、蹴る)を用いながら体全部を使い運動遊びを楽しむ。
    • 歌を歌ったり、リズムに合わせて体を動かしたりして楽しむ。
    • 絵や文字に興味を持ちカルタで遊ぶ。
    • 絵本のくり返しを楽しみ、まねをしながら言葉を発する。
    • 簡単なルールのある遊びをする。
    • 鬼の面やひな人形を保育者と一緒に作る。
    • 興味のあることに関わり、試行錯誤する中で気づいたことや発見したことを保育者や友だちに伝えようとする。【人間関係】【言葉】
    • 靴の左右に関心を持ち正しく履こうとする。
    • 靴下や上着を自分で身につけようとし、表裏左右などを気にして保育者などに確かめる。【健康】
    • 互いの気づきや発見をおもしろがったり、伝え合ったりする楽しさを知る。【人間関係】【言葉】
    • 時計を見ながら時間を聞くことで、活動しながらも時計を少しずつ気にしていく。
    • 自分からトイレに行き排泄するようになる。男児は立って排尿したり、女児は排尿後の始末をする。
    • 自分から尿意や便意を知らせ、トイレに行って排泄しようとする。【健康】
    • 手洗い、うがいを丁寧にする。
    • 身近な環境の中で興味をもった事象について、自分なりに不思議に感じたこと、疑問に思ったことを試してみたり、探ったりしていこうとする。【環境】
    • 雪や氷、霜などの自然事象に興味をもち、見たり、触れたりすることを楽しむ。
    • 着替えの際に手間取っている子の手助けをしようとしたり、保育者に知らせようとしたりする。【健康】【人間関係】
    • 排泄に興味を持ち、自らトイレに向かう姿が増える。(低月齢児)
    • 不思議に感じたり、疑問に思ったりしたことを、別の場面や違ったものでも試してみて探究の範囲を広げていく。【環境】
    • 服の表裏を意識し、保育者と一緒に直そうとする。脱いだ服は汚れものの袋の中に自分で入れる。
    • 保育者に見守られている中で、友達の意見も聞き自分の気持ちも伝えながら遊びを展開していく。
    • 友だちとごっこ遊びのイメージを共有してやり取りをしながら、遊びが広がる。
    • 友だちと一緒にリズム遊びをして楽しむ。
    • 友だちの気づきや発見をもとに、自分でも確かめてみたり、新しく試したりして、互いの関わりを通して発見が広がっていく楽しさを味わう。【環境】【人間関係】【言葉】
  • 健康

    • 食事の前の手洗い・うがいやトイレなどを自分で気づいて行うと同時に、周りの友だちの様子にも気づいて確かめたり、声をかけたりする。【健康】【人間関係】
  • 健康

    • 戸外に出たり、室内に入る際、自分で上着を着たり、脱いだりする必要性に気づき、自分から着脱しようとする。【健康】
  • 健康

    • 好きな遊びに、友だちを誘って一緒に楽しむ。【人間関係】【言葉】【表現】
  • 健康

    • 冬の自然現象に触れ、発見や驚きを言葉で表現したり遊んだりして楽しむ。【健康】【環境】
  • 健康

    • 冷たい水を嫌がり、手を簡単に洗う。
    • うがいではふざけてしまう。
  • 健康

    • 湿度に気を配り、暖房や加湿器などを用いて快適な室内環境を整え、感染症予防に努める。
    • 手洗い、うがいの大切さを改めて知らせる機会をもつ。
    • 活動内容は体をほぐして温めるようなものを考え、寒くても戸外で遊ぶ時間を持つようにする。
    • 感染症が流行する時期でもあるため、手洗い・うがいは子どもはもちろん、保護者・保育者も丁寧に行うよう推奨していく。
    • 暖房、換気に配慮し、安全、健康な環境をつくる。
    • 身の回りの事に自信を持って進級できるよう、必要に応じた声かけをし、丁寧に確認していく。
    • 一人一人の健康状態に気を配り、体調に変化が見られたときには適切に対応する。また、室温、湿度調節を行い、こまめに換気する。
    • 下着をズボンの中にしまう声掛けやしまい方を知らせていくことで、お腹が冷えないようにする。
    • 公園遊具等は禁止ばかりするのでなく、危険な所は十分に付き添い、援助する事で、挑戦する事や達成感に喜びが持てるようにする。
    • 手洗いや手ふきは見ていないと雑になる子もいるので、見守りながらくり返しやり方を知らせる。
  • 健康

    • 手洗い、うがいを十分に行い、感染症に気をつけながら健康に過ごす。
    • 保育者や友達との関わりの中から信頼感や自己肯定感を持てるようにする。
  • 安全・健康

    • 手洗いうがい、湿度や室温に気を配り、感染症を予防しながら快適に過ごせるようにする。
    • 気温や体調、活動に合わせて衣服の調節を行う。
    • 乾燥しやすい季節である為、湿度を高めに保ち、感染症を予防する。
    • 集団で遊ぶのに安全な場所の確保を行い、事前にルールを知らせる。
  • 環境・衛生管理

    • 手洗いうがい、湿度や室温に気を配り、感染症を予防しながら快適に過ごせるようにする。
  • 安全対策・事故防止

    • 気温や体調、活動に合わせて衣服の調節を行う。
    • 乾燥しやすい季節である為、湿度を高めに保ち、感染症を予防する。
    • 集団で遊ぶのに安全な場所の確保を行い、事前にルールを知らせる。
  • 評価・反省

    • 3歳以上児との交流が増えたことで喜んで活動する子も見られるが、新しい環境に戸惑ったり、進級への不安が出てくる子もいる。安心して活動できるよう、保育者がそばについて言葉かけをしたり、少しずつ慣れていけるよう、一人ひとりに合わせた対応を心がける。
    • 3歳未満児集会をきっかけに発表する機会を増やした。喜んで発表するなど、友達と一緒に楽しみ、自信にもつながったと思う。
    • トイレのサンダルを新しく取り入れた。そばに付いて使用方法を知らせたことで、無理なく使用できた。今後も、使い方が雑にならないよう、様子に応じて声をかけていきたい。
    • トイレのサンダル使用は、脱ぎはきの仕方を丁寧に伝えることを心がけた。スムーズに使用でき、よい関わりができたと思う。
    • 活動ごとに声掛けをしていたが、声掛けを減らし子ども達が考えて行動できるように見守る時間を増やしていった。自分たちで出来ていることが多いため、進級に向け引き続き見守る時間を大切にしていく。
    • 子どもの興味に合わせて集団遊びを取り入れた。室内外ともに遊べる物を用意したことで、十分に遊びを楽しむことができたと思う。
    • 身の回りのことに対し、各自のやり方や活動の流れが身に付いてきているので、自分で行うことを大切にした。一人一人を見ると、できる部分の違いもある。今後も、その子に応じた適切な関わりを行いたい。
    • 卒園式やお別れ会で披露する手話の練習を始めた。一列に並んで歩くことが始めは難しかったが、練習の時だけでなく部屋移動の時にも順番に並んで歩くようにしていくと、前の子を追い越さずにあるけるようになってきた。
    • 体調や気温の変化に応じて、活動内容や時間を調整していった。体調の変化が見られたときには看護師と連絡を取り合い、迅速に対応することができた。手洗い、うがいの大切さを再確認したことで意識も変わった。引き続きの声かけを大切にしていきたい。
    • 遊びでは、ルールのある遊びを楽しむ機会を多く取り入れた。同じ遊びをくり返し楽しむことで、ルールも分かり、喜んで参加するようになるが、中には捕まるのが嫌で泣き出す子もいる。そばに付いて共に楽しみながら、ルールがあることでより遊びが楽しくなることを伝えたい。
  • 評価・反省

    • 保護者への伝達事項や、その日の子どもの様子を担当者へしっかりと伝え、伝え漏れがないようにするる。
    • 体調に留意し、ゆっくり過ごせるようにする。
    • 異年齢児が集まる為、全体をよく見て怪我に留意する。
    • 週末は特に持ち帰りのものを忘れないように伝える。
    • トイレへ促す時間や声かけなど排泄面での事を細かく伝えていく。