• 環境配慮

    • 体調が悪そうなときは、優しく問いかけをし、子どもが安心して状態を話せるようにする。
    • 就学に対して不安をもつ子もいるので、安心できる雰囲気をつくったり、小学校の楽しい話をする場を設けたりして、期待をもてるようにする。
    • 室内外の温度差や換気に気を付け、環境を整えるようにする。
    • 一日の生活の流れの見通しを持ち、身の回りのことを一人で行い身辺が自立していけるように見守る。
  • 環境配慮

    • 子どもの期待や不安を受け止め、安心して過ごせるようにし、就学への期待がもてるようにする。
  • 環境配慮

    • 行事に関連する絵本を読んだり、温度や湿度などを調べたり、考えたりする教材や場を用意する。
    • さまざまな人と話す機会を持つ。
    • 試行錯誤して粘り強く進めた過程を、図や表や写真でクラスに掲示したり、おたよりで保護者に伝えたりして共有する。
    • 節分の行事にふれられるように、鬼のお面やヒイラギ、豆などを用意する。
    • 歌詞の意味を伝えたり、歌詞を紙に書いてみんなで歌う場を設ける。
    • 子どもたちが自由に表現できる時間を設け、さまざまな素材や用具を用意しておく。
    • 生活習慣の必要性を、再確認する機会をもつ。
    • 全身を動かして遊ぶことができるよう、遊具や道具を用意する。
  • 環境配慮

    • 自分が発見した自然現象をさらに探求しようとする姿を認める。
  • 環境配慮

    • 自分の思いを伝えるだけでなく、相手の話を聞く事でやりとりが成立し、トラブルが解決する事を丁寧に伝えていく。
    • 主体的に生活が送れるように、安定した日課の流れを行うと共に、事前に時間や活動を知らせ、見通しを持ち時間を意識して行動が出来るように促していく。
    • 食事のマナー等を保育者が手本となるよう丁寧に見せ、伝えていく。
  • 環境配慮

    • しりとり、伝言ゲーム、なぞなぞ、言葉遊び等を用いて、言葉の面白さを伝えていく。
  • 環境配慮

    • 生活発表会に向けて、他のグループと鑑賞し合い、意見交換できる機会を設ける。
    • 節分や恵方巻きの意味や由来や、伝承されていく言葉も伝えていく。
    • 互いのよさや、工夫したところなどに気づき、尊重し、他者のよさや工夫を取り入れようとする姿を認める。
    • 文字や数字に関心が深まる遊びを提供し、楽しみながら習得できるようにしていく。
    • よいこと、悪いことについて、生活や遊びの中で伝える。
    • 自分で試してみようとする姿を大切にし、共感して楽しさや喜びが味わえるようにする。
    • 進んで行う姿は大いにほめ、まわりの子どもにも伝えるなどして、意識させる。
    • 生活や遊びの中で時刻や時間について具体的に知らせ、子どもが意識して活動に取り組めるようにする。
    • 保育者も場の状況に合った話し方をするようにし、子どもが自分で気づけるようにする。言葉が見つからない子には適切な言葉を補い、楽しく会話ができるようにする。
  • 環境配慮

    • 保育者も進んで体を動かして遊ぶ楽しさを味わえるようにする。
  • 環境配慮

    • 自由に文字が書けるよう、取り出しやすい場所に紙や鉛筆や、ひらがなの一覧表を用意しておく。
  • 環境配慮

    • 時刻、時間に関心がもてるよう、カレンダーや時計などを身近なところに置く。
  • 環境配慮

    • 子ども同士の関わりや、個々の心の動きを見守りながら、必要に応じて介入する。また、状況に応じて環境を見直し整えていく。
  • 環境配慮

    • 冬の自然に触れられるような時間と場を確保する。また、自分たちで調べられるよう、絵本や図鑑を用意する。
  • 健康

    • ドッジボールや鬼ごっこなど友達を誘って遊ぶ。
    • 異年齢児と積極的に関わり、思いやりややさしさなど、豊かな気持ちを育む。
    • 歌詞の意味を知ることで、楽しく歌ったり悲しく歌ったりなど、気持ちを込めて歌う。
    • 絵本や物語、素話などを見たり聞いたりして楽しみ、自分で想像を広げる。
    • 手洗い、うがいをすることが習慣となり、進んで丁寧に行う。
    • 初対面の人には敬語を使って話す。
    • 冬の歌を歌い、音楽の楽しさを味わう。
    • 友だちや保育者と目標を決め、協力してやり遂げようとする。
    • 友達がいけないことや間違ったことをしていると気が付き、教えたり保育者に伝えたりする。
  • 健康

    • 時刻、時間を意識しながら遊ぼうとする姿が見られる。
  • 健康

    • 文字を書いてみることを喜び、調べたことや、友だちに伝えたいことを書こうとする。
  • 健康

    • 友だちとの関わりを大切にし、優しく教えてあげようとする姿が見られる。
  • 健康

    • 雪や霜柱などを見つけると、友だちに教えあって一緒に遊ぶ。
  • 健康

    • 行事に関連する絵本を読んだり、温度や湿度などを調べたり、考えたりする教材や場を用意する。
    • さまざまな人と話す機会を持つ。
    • 試行錯誤して粘り強く進めた過程を、図や表や写真でクラスに掲示したり、おたよりで保護者に伝えたりして共有する。
    • 節分の行事にふれられるように、鬼のお面やヒイラギ、豆などを用意する。
    • 歌詞の意味を伝えたり、歌詞を紙に書いてみんなで歌う場を設ける。
    • 子どもたちが自由に表現できる時間を設け、さまざまな素材や用具を用意しておく。
    • 生活習慣の必要性を、再確認する機会をもつ。
    • 全身を動かして遊ぶことができるよう、遊具や道具を用意する。
    • 自分が発見した自然現象をさらに探求しようとする姿を認める。
    • 自分の思いを伝えるだけでなく、相手の話を聞く事でやりとりが成立し、トラブルが解決する事を丁寧に伝えていく。
    • 主体的に生活が送れるように、安定した日課の流れを行うと共に、事前に時間や活動を知らせ、見通しを持ち時間を意識して行動が出来るように促していく。
    • 食事のマナー等を保育者が手本となるよう丁寧に見せ、伝えていく。
    • しりとり、伝言ゲーム、なぞなぞ、言葉遊び等を用いて、言葉の面白さを伝えていく。
    • 生活発表会に向けて、他のグループと鑑賞し合い、意見交換できる機会を設ける。
    • 節分や恵方巻きの意味や由来や、伝承されていく言葉も伝えていく。
    • 互いのよさや、工夫したところなどに気づき、尊重し、他者のよさや工夫を取り入れようとする姿を認める。
    • 文字や数字に関心が深まる遊びを提供し、楽しみながら習得できるようにしていく。
    • よいこと、悪いことについて、生活や遊びの中で伝える。
    • 自分で試してみようとする姿を大切にし、共感して楽しさや喜びが味わえるようにする。
    • 進んで行う姿は大いにほめ、まわりの子どもにも伝えるなどして、意識させる。
    • 生活や遊びの中で時刻や時間について具体的に知らせ、子どもが意識して活動に取り組めるようにする。
    • 保育者も場の状況に合った話し方をするようにし、子どもが自分で気づけるようにする。言葉が見つからない子には適切な言葉を補い、楽しく会話ができるようにする。
    • 保育者も進んで体を動かして遊ぶ楽しさを味わえるようにする。
  • 健康

    • 自由に文字が書けるよう、取り出しやすい場所に紙や鉛筆や、ひらがなの一覧表を用意しておく。