• 環境配慮

    • 凧揚げのやり方などは保育者も一緒に行い、ルールを知らせ楽しめるようにする。
    • はさみの渡し方、しまい方、切り方を少人数で行い、くり返し丁寧に伝えていく。
    • ゆったりとした雰囲気の中、それぞれの遊びの楽しさが十分に味わえるような声をかける。
    • ルールのある遊びは興味に応じ、やり方を知らせる。
    • 外から帰ったときや食後にうがいをするよう、その都度声をかける。
    • 劇遊びでは、保育者が楽しそうに演じることで、自ら劇遊びに参加していく姿が見られるように配慮していく。※少人数から始めていく。
    • 子ども同士の仲立ちとなり、状況を見ながら個々の気持ちを代弁する。
    • 自分でしようとするときは見守り、排尿間隔の短い子には早めに誘いかける。
    • 自分で手洗い、うがいをする様子を見守り、必要に応じて声をかけ、丁寧に行えるようにする。
    • 触れ合い遊びやわらべ歌をたくさん取り入れ、保育者や友だちとゆったり関わって遊べるようにする。
    • 霜柱を見たり氷を作ったりして、自然現象に気づいたり体験できる機会を作ったりしていくことで、楽しみを味わう。
    • 着替えの際にはそばに付いて見守り、必要に応じて声をかけたり、手助けをしたりする。
    • 鼻水が出ていたらふいたり、片方ずつ押さえてかむようにし、鼻のかみ方を丁寧に知らせる。
  • 環境配慮

    • 保育者も一緒に歌やリズムを楽しみ、興味がもてるようにする。また、一つ一つの動作を丁寧に行い、子どもに分かりやすく伝える。
  • 環境配慮

    • 保育者も遊びの中に入り、一緒に楽しみながらルールを知らせ、くり返し楽しめるようにする。
  • 環境配慮

    • 友だちと一緒にリズム遊びをすることを楽しんでいるので、一緒に手をつないで遊ぶ動きなどを取り入れる。
  • 環境配慮

    • いつでも楽しめるように素材や用具を用意し、目に付く場所に置いておく。
    • ごっこ遊びや歌を楽しめる小道具を用意し、子どもが作れるよう材料の準備をする。
    • すごろくやカルタ、羽根つき、福笑いなど、正月ならではの遊びを用意する。
    • ストーリー性のある絵本をそろえておく。
    • 一人ひとりの排便後の始末と仕方をその都度確認し、できないところは手伝う。
    • 戸外で十分に体を動かす機会を設ける。
    • 戸外活動では足場の悪いところ(歩道橋の階段やスロープや段差等)にも積極的に向かっていき、個々のペースで行う。
    • 戸外遊びや散歩時には雪などの影響で滑りやすくなっていないか確認する。
    • 散歩の行き先を子どもと相談し、期待感を高めたり、一緒に話をしたり発見する喜びを共感したりして散歩を楽しめるようにする。
    • 手洗い、うがいの仕方について話す機会を設ける。
    • 少人数でゆったりと製作遊びができるようにし、はさみやボンド、のりの使い方を丁寧に知らせながら集中してじっくりと遊べるようにする。
    • 体力がついてきたので、長い距離を歩いていく機会を増やしたり、歩道橋や公共の場を通るなどしていき、様々な経験ができるようにしていく。※時間、人数に合わせて対応していく。
    • 箸とスプーンの両方を用意し、好きなほうを使えるようにしておく。
  • 環境配慮

    • 保育者が各テーブルにつき楽しく食べられるようにしながら、一人ひとりの食べ方や食べる量などを見てその子に合った言葉をかけるようにする。
    • 友達同士で歌や踊りを見せ合う場を設けていく。
    • 製作は素材や道具の使い方は知らせるが、子どもの自由な発想を大切にする。
    • それぞれの遊びのルールを分かりやすく知らせる。また、子ども同士のやり取りを見守り、トラブルが起きたときには必要に応じて気持ちを代弁するなど仲立ちし、相手の気持ちにも気づけるようにする。
  • 環境配慮

    • 保育者がそばについてガラガラうがいの仕方を一人ひとりに知らせる。
  • 環境配慮

    • 保育室の温度、湿度を保ち、換気をこまめに行う。
  • 環境配慮

    • 嘔吐セットはすぐ取れるところにおいておく。
  • 環境配慮

    • 一日の時間配分は余裕を持ち、ゆったりと過ごせるようにする。
  • 環境配慮

    • 3歳クラスへは少人数で行き、子ども達が安心できるようにする。
  • 環境配慮

    • 朝の入室の時に温かく迎え、スキンシップを取りながら体調や機嫌を把握する。
    • 寒さからケガをしないために活動の前に体操して体を十分ほぐしたり、内容も体が温まるようなものを考える。
    • 時間はゆとりを持ちスペースの確保をし、じっくりと出来るようにする。
  • 環境配慮

    • ティッシュ、ゴミ箱の位置がすぐわかるように置く。
  • 環境配慮

    • テーブルに花を飾ったり楽しい雰囲気作りをする。
  • 環境配慮

    • 朝、自分のうがい用コップをコップ袋に入れ、夕方持ち帰るように伝える。
  • 環境配慮

    • 入室の際に時間に余裕を持ち、衣服の着脱やたたむことを落ち着いてできるようにする。
  • 環境配慮

    • 衣類の調整や水分補給を促し、快適に過ごせるようにする。
    • 一人ひとりの甘えや欲求に答え、安心して過ごせるようにする。
  • 環境配慮

    • 寒くなってきたので自発的な排泄のほかにも言葉かけをしていく。
  • 環境配慮

    • 絵本や紙芝居を取り入れ、正月遊びを知らせる。