• 行事予定

    • 身体測定
    • 避難訓練
    • 誕生会
    • もちつき
  • 環境配慮

    • 友達同士で遊んだり、一緒に何かに取り組んだりするような場を設け、友達同士のつながりを深められるようにする。
  • 環境配慮

    • 就学前が負担になったり、不安にならないように一人ひとりの体調をみながらその子のレベルにあった物を用意し環境を整えていく。
    • 子どもの葛藤や欲求を受け止め、共感したり、はげましたりする。
  • 環境配慮

    • 保育室など室内環境を清潔に保てるようにする。
  • 環境配慮

    • 体調の変化に気づいた際には優しく問いかけ、子どもが安心して話せるようにする。
  • 環境配慮

    • 手洗い、うがいの大切さを知らせるため、絵本やパネルシアターなどを取り入れて、子どもに話す機会を設ける。
    • 保育室などの室内環境を、清潔に保つ。
  • 環境配慮

    • 自分の気持ちや、経験を言葉にしていく。
    • お正月遊びが楽しめるよう用意する。
    • 数や文字、記号などに関心をもった子どもたちが互いに教え合ったり、活用したりできるように、手軽に持ち運びのできる数や文字、記号の表などを用意する。
    • 季節のならわしや行事などに親しみがもてるように、背景についての記事や、比較できるように写真などを掲示する。
  • 環境配慮

    • さまざまな素材や道具を準備しておく。
    • じっくりと製作に取り組めるような時間と場を設け、様々な素材や用具を準備する。
    • じっくり取り組めるような時間と場を設ける。
    • すごろく、カルタ、福笑い、コマ、羽根突き、凧揚げ、剣玉などを自分で選べるように、出しやすいところに十分な種類と数を準備する。
    • 音楽に親しむ機会を多く設ける。
    • 会話が楽しめるように、十分な時間を設けて、楽しい雰囲気づくりをする。
    • 絵本を読む時間を積極的に作り、文字に触れる時間を多くしていく。
    • 子どもたちが親しめるような内容の話をする。
    • 子どもと目標を決めたり話し合う時間を設け、一人ひとりが自分を発揮して取り組めるよう時間をつくる。
    • 手洗い、うがいなどの大切さを知らせるため、子どもたちに話す機会を設ける(絵本やパネルシアターなども取り入れる)。
    • 体を動かすことを楽しめるよう、十分な時間や場を確保する。
    • 文字や数、形などを遊びに取り入れる。
  • 環境配慮

    • 友だち同士で遊び、何かに取り組むような場を設け、つながりを深められるようにする。
    • 朝の身支度でのうがい、手洗いの大切さを繰り返し伝え意識が持てるようにしていく。
  • 環境配慮

    • 意見が合意に至るまでの経緯や、新たにつけ加えたことなどが整理できるように、記録などの援助をする。
    • おせちの具の意味や鏡開きの意味を伝えていきながら、日本ならではの行事を楽しめるようにしていく。
    • お話の内容が心に残るよう、気持ちを込めて読む。
  • 環境配慮

    • 行事などの歴史や背景、いわれについて、興味をもって聞いたり、伝え合ったりする機会を設ける。
  • 環境配慮

    • ごっこ遊びでは、子ども達が日頃遊んでいるものをうまく形にしていけるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもの目標を聞き、粘り強く取り組む姿を認め、励ます。
    • 正月の伝統料理について、一つ一つの意味を伝えたり、地域によっての違いについて知らせるなど、子ども達が興味を持てるように話していく。
    • それぞれの家庭や地域、国の正月文化に興味をもち、聞いたり調べたりしたことを掲示して、各文化への尊敬や親しみを感じられるようにする。
    • つくろうとする意欲が高まるような言葉をかける。
    • 伝承遊びとして、こま、剣玉、すごろく、福笑い、凧揚げ、羽子板などを用意しやり方を保育者が率先して行い見せていく。ルールが理解できない子がいる時には保育者一緒にに見守りながら、みんなでいい雰囲気を作っていけるようにする。
    • 伝承遊びを継続していく為に、しばらくは保育者自身も興味を示し、気持ちを持続させていくことで、子どもにも興味を引き付けていく。
    • 友だちとのトラブルの中ではすぐに止めるのではなく、怪我のない程度に見守ったり、どう相手が感じていたのか本人はどう思っているのかを代弁しながら解決に導いていく。また、そうできたことを大いに認め、心の力を育てていけるようにする。
    • 異年齢児に親しみを持って関わる姿を認める。
    • 絵本などの話の内容が心に残るように、気持ちを込めて読む。
    • 子ども同士が自分の思いを出し、お互いのよさを認め合いながら遊びが進められるように見守り、必要に応じてヒントを出したり助言したりする。
    • 手洗い、うがいなどを進んで行う姿を認める。
  • 環境配慮

    • 冬の自然に触れ、不思議に思ったことや発見したことを受け止め、感動を共感して遊びを広げる。
  • 環境配慮

    • 絵日記や年賀状ごっこ等を通して、遊びの中から文字への興味を高めていく。
  • 環境配慮

    • カルタ遊びや生活の中で、文字や数に興味をもつきっかけを用意しながら、無理強いせずに、楽しみながら関われるようにする。
  • 環境配慮

    • 子ども同士で関わる姿を見守りながら、必要に応じて共感したり、はげましたりし、自信を持って生活ができるようにする。
  • 環境配慮

    • 日陰にできた霜柱を踏んでみたり、氷を作る準備を子ども達と楽しんだりしながら、冬の自然への興味を広げていけるようにする。
  • 健康

    • お遊戯会やクリスマス会に向けて、さまざまな準備や飾り付けに意欲的に取り組んだり、歌や踊りなどを、友だちや保育者と一緒に楽しむ。
    • ドッジボールやサッカーなど、勝敗のある遊びの中で、時には悔しい思いをしたり自信がもてないこともあるが、友達や保育者に励まされて、またやってみようとする。
    • 異年齢児に親しみをもち、進んで世話をしたり関わろうとしたりする。
    • 音楽やリズムに触れ、友だちと一緒に歌ったり踊ったりすることを楽しむ。
    • 絵本や物語に親しみ、それぞれがイメージをふくらませ、劇遊びを楽しむ。
    • 寒さに負けず、戸外で思いきり体を動かして遊ぶ。
    • 友達と一緒にサッカーやドッジボールなどで、体を十分に動かして楽しく遊ぶ。
  • 健康

    • 文字や数に苦手意識があり、あまり遊びに積極的になれない子がいる。