• 環境・衛生管理

    • 感染症や下痢が流行した際には、消毒を十分に行い、より一層の清潔な環境を整えていく。
    • 暑い夏を健康で快適に過ごせるよう室内の温度を調節したり、こまめに水分補給をし、一人ひとりの健康状態をよく観察していく。
  • 養護

    • ゆったりとした雰囲気の中で、保育者や友達と一緒に過ごす。
    • 保育者の優しく、温かな眼差しの下で、安心して生活する。
    • 安心して過ごせるよう、優しく声掛けをしたりスキンシップを取り、愛着関係を作っていく。
    • 着替えを保育者と一緒にやってみようとする。
    • 楽しい雰囲気の中、食事が取れるようにする。
    • 食具に触れる機会を増やしていく。
    • 食事に関心を持ち、食べる楽しさ喜びを知る。
    • 信頼している保育者がそばにいることに安心し、甘えたい気持ちをその都度受け止めてもらいながら、落ち着いて遊びに向かっていく。
    • 食欲、睡眠、排泄などの欲求をその都度満たしてもらいながら快適に過ごし、充分な栄養と休息をとっていく。
  • 安全対策・事故防止

    • 子どもたちの様子を見ながら、外気と室内の温度の差により子どもたちが体調を崩してしまわないよう室内の温度を調節し体調面に配慮していく。
    • テント、ビニールプール、水遊び用玩具に不備がないかきちんと確認し、準備と点検をきちんと行う。
    • あせもやおむつかぶれ、とびひ、虫刺されなどの皮膚のトラブルが起きやすいので、着替えなどの時によく観察し、快適に過ごせるように配慮する。
    • 食中毒についての知識を確認し、哺乳瓶や食器などの洗浄や保管の方法について徹底する。
  • 健康

    • 睡眠時、日光などで暑くなりすぎないようにベッドの位置やかけるものに気をつける。
    • 友達や保育者の顔を見ながら、楽しく食べることができるよう、配置を整える。
    • テーブルや床が汚れたらその都度ふき、きれいな場所で食事できるようにする。
    • 落ち着いて食事ができるよう、テーブルやいすの配置を考える。
    • 清潔で明るい雰囲気の中で、食事が楽しめるような工夫をしていく。
    • 子どもの健康状態や天候、気温に合わせて、室内の温度や湿度を調節し、過ごしやすい環境を整える。
    • 子どもに合わせて、眠りやすい場所に布団を敷く。
    • カーテンを閉めたり、音楽をかけたり、室内温度を調節したりして、眠りやすい環境を整える。
    • 不安で泣いてしまう子には好きな玩具を用意して一緒に遊び、気持ちを切り替えられるようにする。
    • 簡単な絵本やくり返しのある遊びを用意する。
    • 探索心が盛んになり、保育所内や散歩での探索を楽しむので危険のないよう事前に確認する。
    • 棚や机は壁側に寄せ、室内の探索を十分に行えるようにする。
    • 気温に合わせながら、こまめに水分補給や衣服の調節をする。
    • 室内の換気をこまめに行い、外気浴との差に気をつけながら冷房を使用していく。
    • 子どもたちが安心して眠れるように、周りの子が泣いた際は別室で落ち着けるようにするなど落ち着いた環境に配慮していく。
    • 足ふき・体ふきタオル、着替えを用意し、スムーズにシャワーを浴びる友達の姿を見せる。
    • 暑い日の散歩は、日陰を選んで歩くなどの配慮とともに、水分補給もしっかりしていく。帽子を忘れずにかぶる。
    • 生活リズムが安定しない子どもには、その日の状況によって柔軟に対応する。
    • 登園時と午睡後だけでなく、沐浴や水遊びの前にも体温を測るなど、体調の変化に十分気をつける。
    • 手先や指先を使う玩具を用意する。
    • ボールやぬいぐるみなど柔らかい玩具を用意し、優しい保育者の見守りの下で安心して関わりを楽しめる雰囲気をつくる。
    • 水や砂の感触を楽しめるよう、子どもの興味や関心が広がるような遊びや遊具を工夫する。
    • 水遊びの際には、転倒防止のため、プール周りに滑らない素材のマットを使用する。
    • 様々な要素が入ったおもちゃを用意し、手が届くところに置く。じっくり遊べるように、数や置き場所などに配慮する。
    • 楽しめるような歌や触れ合い遊びを取り入れて保育者も一緒に体を動かしながら、歌や音楽に親しめるようにする。
  • 健康

    • シャワーを嫌がる子には、無理せずに優しく足から流し、少しずつ温水がかかることに慣れるようにする。
    • 「おいしいね」などと言い合いながら食事をすることで、楽しくおいしく食事ができるようにする。
    • 保育者もおいしそうに食べる姿を見せる。
    • 夏の暑さにより、ごはんやおかずを残しがちになる子がいるので、初めから一人一人の食欲に合わせて量を調節し、食べることができた喜び、達成感を味わえるようにする。
    • 言葉をかけたり、スプーンに手を添えるなど、個々に合った援助を行う。
    • 家庭での様子も聞きながら「かみかみね」など声をかけていくようにする。
    • いすに飽きてしまう子にはやさしく言葉をかけて最後まで楽しく食べられるようにする。
    • 手でつかみやすい形状の食材を加え、食べたいという意欲を大切にする。
    • 安定した生活リズムを心がけ、十分な休息が取れるように配慮する。
    • 散歩に出る際は直射日光や紫外線に気を付けて、帽子を着用させる。
    • 子どもたちが快適に過ごせるよう、室内の温度や湿度調節を行う。
    • 保育室の温度や湿度にも留意し、エアコンを使用する際は外気温と室内の温度差に気を付け、冷えすぎないように配慮する。
    • 登園の際、温度に合わせて衣服の調整をする。
    • 給食後すぐに午睡に誘うことができるように、子どもたちの食事中に布団を敷いておく。
    • 不安な気持ちを受け止め、抱っこなどでスキンシップをとり、安心できるように関わる。
    • 腹ばいからお座りができるよう足を支えたり、目の前に玩具を置いて前に進めるようなきっかけをつくる。
    • 好きな遊びなどを一緒にくり返し楽しみ、言葉や遊びの幅を広げる。
    • 探索が楽しめるよう、周囲に危険なものがないよう、気をつける。
    • 水遊びでは怖がる子もいるので、個々の様子をよく見て、その子に合った遊び方ができるように配慮する。
    • 人見知りや後追いが見られる時期なので、側を離れる時には「〇○したら戻ってくるからね」などと言葉にして伝え、不安を減らすようにする。
    • 清潔になった心地よさが感じられるように、衣服が汚れたり、汗をかいた時にはすぐに着替えをする。
    • 安心して食事や睡眠が取れるように、暑さにより食欲不振や睡眠不足になりやすい時期という事を理解し、家庭的で落ち着いた環境を整え見守っていくようにする。
    • 熱中症対策として、こまめに水分補給をしたり、保冷バンドをつけて戸外で遊ぶ。また、気温により入室時間を早めたり室内遊びにする。
    • 「汚れたね、着替えようね。」など、声掛けをしてから着替えを行い、また、「きれいになって気持ちがよいね」など、伝えていく事で心地良さが感じられるようにしていく。
    • 一緒にはいはいをしたり、励ます声掛けをしていく事で促していく。また、「歩くの楽しいね」など、気持ちを代弁し楽しい気持ちを共有していく。
    • その子の遊びを保障し、じっくりと遊べるように見守っていく。また、遊び始めている際の声掛けのタイミングも気をつける。
    • 膝の上で一対一で関わり、ゆったりとした雰囲気の中で絵本を楽しむ。
    • 一人ひとりの発達や興味に合わせた玩具の提供をしていく。
    • 保育者と向かい合って踊ることで、一緒に体を動かしたくなるような楽しい雰囲気をつくる。
    • 安全に水遊びを行うために、保育者が準備や玩具の点検などをしっかりと確認していく。
    • 優しくゆったりとした雰囲気でわらべ歌などを歌い、リズムに合わせて揺らしたり、軽くポンポンとたたいたりして心地よい時間を過ごせるようにする。
    • 寝返りができそうな子には、様々な方向から声をかけ、おもちゃを動かすなどして全身を使って追視ができるようにする。
    • 水や氷の感触に親しめるように、一人ひとりの体調に合わせて無理なく水・氷遊びや沐浴を行い、涼しさや心地よさが感じられるような言葉がけをしていく。
    • 「セミの声がするね」「ヒマワリがきれいだね」など、子ども達が気付けるように声掛けをしていく。
    • 真似をしようとした時には、褒めたり「楽しいね」と言葉にしていく事で意欲に繋げる。
    • 保育者一人ひとりが流れをよく把握し、子ども達が安全に楽しく水遊び出来るようにしていく。
    • 喃語や指差しを大切に受け止め、共感したり言葉で返すようにする。
    • 話そうとしている気持ちを汲み取り、「○○だよね」と言葉にしていく事で、伝わる楽しさややりとりの面白さが感じられるようにしていく。
    • 安全な道では友達と手をつないで歩いたり、一人で歩くことを経験させたりすることで、友達との関わりを深め、自由に歩き回れるようになった成長を喜び、探索活動を楽しみながら身近な環境に自発的に働きかける意欲を高める。
    • 保育者も子どものまねをしたり、まねをしやすいような動作を見せたりしながら、人との関わりを楽しめるようにする。
    • 子どもが安心して自分の思いを自分の言葉で表現できるような、温かく優しさにあふれた雰囲気づくりをする。また、保育者とのやり取りの中から言葉の獲得へとつなげる。
    • 膝に乗って甘えてくるときはゆったりと関わり、安心して機嫌よく過ごせるようにする。
    • 気持ちが安定して落ち着いて過ごせるように、保育者が子どもの要求を汲み取り、代弁や共感・玩具の提供などを通して噛みつきや引っ掻きが起こらないようにする。
  • 評価

    • 来月も引き続き、様々な素材を用いた玩具を使い、夏ならではの水遊びを取り入れ遊ぶと共に、友達にも関心がもてるように仲立ちをし、子ども同士で遊んでいるときは温かく見守りたい。
    • 天候が不順で気温や湿度も高いので、シャワーで汗を流し、気持ちよく過ごせるようにした。
    • 来月は、途中入園児がいるので、無理なく園生活に慣れ、安心して生活が送れるような雰囲気づくりをしたい。
    • 気温差も激しくて体調を崩しやすく、鼻水、微熱、咳が出る子が多かった。水遊びは避け、砂遊びや遊具で遊ぶなど、子どもの体調に合わせて楽しめるようにした。
    • 食事では、「ピカピカになったよ」「見ててね」と伝えてくる子が増え、楽しい雰囲気の中で食事ができた。
    • 下旬には暑さもあり、体調をくずす子が多かった。家庭との連絡をとり合いながら健康状態に気をつける。
    • 水遊びではできないことも多かったので、無理なく体験できるように工夫する。
    • 全員が給食を食べられるようになったため、時間や座る位置などを考え、落ち着いて食事ができるようにする。
  • 安全・健康

    • 子どもたちの様子を見ながら、外気と室内の温度の差により子どもたちが体調を崩してしまわないよう室内の温度を調節し体調面に配慮していく。
    • 感染症や下痢が流行した際には、消毒を十分に行い、より一層の清潔な環境を整えていく。
    • テント、ビニールプール、水遊び用玩具に不備がないかきちんと確認し、準備と点検をきちんと行う。
    • 暑い夏を健康で快適に過ごせるよう室内の温度を調節したり、こまめに水分補給をし、一人ひとりの健康状態をよく観察していく。
    • 熱中症予防のため、こまめな水分補給や十分な休息を取れるようにする。
    • 玩具や身の回りの物は、こまめに消毒や洗濯をし、清潔に保つようにする。
    • 水分をこまめに摂り、熱中症にかからないように気をつける。
    • あせもやおむつかぶれ、とびひ、虫刺されなどの皮膚のトラブルが起きやすいので、着替えなどの時によく観察し、快適に過ごせるように配慮する。
    • 食中毒についての知識を確認し、哺乳瓶や食器などの洗浄や保管の方法について徹底する。
  • 健康

    • 玉落とし、磁石遊びなど、手先や指先を使う遊びを楽しむ。
    • ふれる、叩く、押す、回すなどのおもちゃを通して、そのものの性質を知り楽しむ。
    • 土や水に触れ、全身で感触を楽しむ。
    • 保育者や友達と散歩を楽しむ。
    • リズムに合わせて手遊びや踊りを楽しむ。
    • 興味のある玩具で遊び、遊び楽しさを知る。
    • 天気の良い日は外に出て外気浴を楽しみ、戸外遊びの楽しさを知る。
    • 腹ばい、ハイハイ、つかまり立ち等、安全な環境の中で存分に体を動かし楽しんでいく。
    • 砂の感触に慣れシャベルですくって遊ぶ。
    • 触れ合い遊びを楽しみ、しぐさをまねしたり曲や歌に合わせて体を揺すったりする。
    • じょうろやカップなどを使って、水遊びをする。
    • 気に入った絵本を読んでもらい喜ぶ。
    • 音や動きなどの刺激を感じて楽しもうとする。【もの】
    • 興味のあるものを全身を使って追視する。【もの】
    • 保育者と土や水にふれ、柔らかい感覚や冷たい感覚を心地よさとともに感じる。【もの】
    • 戸外で夏の生き物や植物に触れ、自然に親しみを持つ。
    • 沐浴、氷遊び、水遊びを通して、水や氷の心地よさ、冷たさ、感触を全身で感じ楽しむ。
    • 手先や指先を使う玩具を用意する。
    • 一人ひとりの発達や興味に合わせた玩具の提供をしていく。
    • 保育者と向かい合って踊ることで、一緒に体を動かしたくなるような楽しい雰囲気をつくる。
    • 安全に水遊びを行うために、保育者が準備や玩具の点検などをしっかりと確認していく。
    • 優しくゆったりとした雰囲気でわらべ歌などを歌い、リズムに合わせて揺らしたり、軽くポンポンとたたいたりして心地よい時間を過ごせるようにする。
    • 寝返りができそうな子には、様々な方向から声をかけ、おもちゃを動かすなどして全身を使って追視ができるようにする。
    • 水や氷の感触に親しめるように、一人ひとりの体調に合わせて無理なく水・氷遊びや沐浴を行い、涼しさや心地よさが感じられるような言葉がけをしていく。
    • 「セミの声がするね」「ヒマワリがきれいだね」など、子ども達が気付けるように声掛けをしていく。
    • 真似をしようとした時には、褒めたり「楽しいね」と言葉にしていく事で意欲に繋げる。
    • 保育者一人ひとりが流れをよく把握し、子ども達が安全に楽しく水遊び出来るようにしていく。
    • ボールやぬいぐるみなど柔らかい玩具を用意し、優しい保育者の見守りの下で安心して関わりを楽しめる雰囲気をつくる。
    • 水や砂の感触を楽しめるよう、子どもの興味や関心が広がるような遊びや遊具を工夫する。
    • 水遊びの際には、転倒防止のため、プール周りに滑らない素材のマットを使用する。
    • 様々な要素が入ったおもちゃを用意し、手が届くところに置く。じっくり遊べるように、数や置き場所などに配慮する。
    • お座りが安定してくると、手を伸ばして玩具を取ろうとする姿が見られる。
    • 身近な物に自発的に関わろうとする。
    • 砂場の砂の感触を楽しんでいる。
    • 自然に対する好奇心が出てきて、戸外でよく探索をする。
    • 信頼している保育者がそばにいることに安心し、甘えたい気持ちをその都度受け止めてもらいながら、落ち着いて遊びに向かっていく。
    • 保育者とのスキンシップを喜び、手足を動かして保育者の模倣をするなどし、全身で表現する事を楽しむ。
    • 互いに遊びや動きをまねしたり、まねされたりすることを楽しむ。
    • 簡単な言葉を使って大人とのやり取りを楽しむ。
    • 遊びの中で保育者に優しく声をかけられたり、一緒に歌に親しんだりしながら喃語を育くむ。
    • わらべ歌などを歌ってもらい、一緒に揺れたり言葉のリズム感を楽しんだりする。【人】
    • 自分の要求を声や仕草、喃語で表現する。【人】
    • 「この人がいれば安心」という気持ちをもち、特定の保育者とのつながりを深める。【人】
    • 喃語や指差しを大切に受け止め、共感したり言葉で返すようにする。
    • 話そうとしている気持ちを汲み取り、「○○だよね」と言葉にしていく事で、伝わる楽しさややりとりの面白さが感じられるようにしていく。
    • 安全な道では友達と手をつないで歩いたり、一人で歩くことを経験させたりすることで、友達との関わりを深め、自由に歩き回れるようになった成長を喜び、探索活動を楽しみながら身近な環境に自発的に働きかける意欲を高める。
    • 保育者も子どものまねをしたり、まねをしやすいような動作を見せたりしながら、人との関わりを楽しめるようにする。
    • 子どもが安心して自分の思いを自分の言葉で表現できるような、温かく優しさにあふれた雰囲気づくりをする。また、保育者とのやり取りの中から言葉の獲得へとつなげる。
    • 膝に乗って甘えてくるときはゆったりと関わり、安心して機嫌よく過ごせるようにする。
    • 気持ちが安定して落ち着いて過ごせるように、保育者が子どもの要求を汲み取り、代弁や共感・玩具の提供などを通して噛みつきや引っ掻きが起こらないようにする。
    • 楽しめるような歌や触れ合い遊びを取り入れて保育者も一緒に体を動かしながら、歌や音楽に親しめるようにする。
    • 簡単な言葉で自分の思いを伝えようとする。
    • 保育者や友達と手をつないで歩くことを喜ぶ。
    • 保育者との言葉のやり取りを楽しむ。
    • 人見知りが始まり見慣れない人が保育室に入ってくると、じっと顔を見て表情をこわばらせたり泣いたりする。
  • 家庭との連携

    • 汗をかきやすい季節のため、タオルや着替えを多めに用意して頂くようにする。
    • 朝や昨晩の体調や機嫌を伝えてもらい、体調に変化のある時は、水遊びはなしにするようしていく。
    • 初めての水遊びなので、水が好きか嫌いかを事前に把握した上で、無理なく進めていく。
    • 毎朝の検温、体調チェックをお願いして、沐浴、水遊びができるかどうかの判断を伝えてもらう。
    • 日中や家庭での様子を伝え合って、個々の体調管理に気をつける。
    • 気温も高くなり体温調節が発達していない子どもたちの体調面により注意していく必要があるため、家庭と縁で体調面の情報交換を密に行い、子どもたちが健康で快適に過ごしていけるように努めていく。
    • 色水遊びや泥遊びをするので、汚れてもよい服を用意してもらう。
    • 家庭での離乳食の進め方や食べ具合などを確認し、無理のないように進めていく。
    • 手づかみ食べは、食べる意欲につながることだと伝えていく。
    • 機会があれば、園での食事の様子を見てもらい、情報交換を行う。
    • 鼻水、せき、便、食事の様子などを詳しく聞き、また園での様子をきちんと伝え、夏風邪等に気をつけていく。
  • 職員との連携

    • 水遊び時には、保育者間で事前に話し合い、役割分担をし安全に行う。また、水遊びをする子の確認も声に出して確認し合う。(体調の確認も含める)
    • 保育者間で連携し、安全でスムーズにシャワーや着替えを行えるようにする。
    • 一人ひとりの動きや居場所は声をかけ合って確認し、危険のないようしっかり見守る。
    • 保育者間で連携し、安全で楽しく散歩や探索活動を楽しめる環境を整える。
    • 睡眠時間に個人差があるので、眠っている子の妨げにならないよう、目が覚めた子がほかの部屋などで遊べるよう連携をとり合う。
    • 人見知りが始まった子には安心できる保育者が関われるよう、様子をよく伝え合う。
    • 人見知りや後追いで不安になる子どもには、安心できる保育者が常にかかわれるように連携していく。
    • 離乳食の進み具合については、栄養士に毎日様子を見てもらいながら無理のないように進めていく。
  • ねらい

    • 安定した生活リズムの中で、暑い夏を健康で快適に過ごす。
    • 欲求や要求を受け入れてもらい、ゆったりとした気持ちで過ごす。
    • 好きな遊びを見つけ、くり返し遊ぶ。
    • ゆったりとした雰囲気の中で様々な食材に親しみを持ち味わっていく。
    • シャワーを浴びて汗を流し、健康で快適に過ごす。
    • こまめに着替えをし、室内の温度・湿度調節を行い、気持ちよく過ごす。
    • リズムに合わせて手遊びをしたり、体を動かしたりして楽しむ。
    • 水遊びや泥んこ遊びを通して、水や泥の感触を味わいながら遊ぶことを楽しむ。
    • 保育者や友達のしていることに興味を持ち、まねすることを楽しむ。
    • 一人ひとりの健康状態を把握し、沐浴などで体を清潔に保ちながら快適に過ごせるようにする。
    • 安全で楽しい雰囲気の中で、少しずつ水に慣れて遊ぶ。
    • 水の感触や冷たさを味わい、楽しむ。
    • 保健的で安全な環境の中で、暑い夏を快適に過ごす。
    • 個々との十分な触れ合い遊びを通し、信頼関係を築いていく。
    • 水に慣れ、保育者と一緒に水遊びを楽しむ。
    • 寝返りやハイハイをして体を動かしながら遊びを楽しむ。
    • 水遊びや氷遊びを通して、水・氷の冷たさや光にあたる時の輝き、感触を楽しむ。
    • ゆったりと落ち着いた雰囲気の中で安心して食事や睡眠をとる。
  • 健康

    • 食欲、睡眠、排泄などの欲求をその都度満たしてもらいながら快適に過ごし、充分な栄養と休息をとっていく。
    • 外気にふれながら、暑い時期ならではの遊びを楽しむ。
    • 手づかみも見られるが、こぼしながらもスプーンですくって食べてみようとする。
    • 食前、食後には保育者と一緒に挨拶をするまねが見られる。
    • 布絵本をめくったり、ポットン落としや壁付き玩具をして指先を十分に使って遊ぶ。
    • 安心して過ごせるよう、優しく声掛けをしたりスキンシップを取り、愛着関係を作っていく。
    • 着替えを保育者と一緒にやってみようとする。
    • 水遊びに慣れるよう、少しずつ水に触れるようにしていく。
    • 快適な環境の中で、安心して食事や睡眠をとる。
    • 体をふいたり、シャワーを浴びて汗を流したりして、さっぱりとした気持ちよさを味わう。
    • 午睡では、安心してぐっすり眠り、機嫌よく目覚められるようにする。
    • おんぶや、そばについてもらうと安心して眠り、睡眠時間が少しずつ長くなる。
    • 腹ばいの姿勢からずりばいやハイハイをする子が増える。
    • 「自分で食べる」ことに喜びを感じる。【自分】
    • ずりばい、はいはい、つかまり立ち、一人歩きなどの発達に合った運動をし、身体を動かすことの楽しさを感じる。
    • 好きな絵本を繰り返し読んでもらったり、気持ちを代弁してもらう事で、喃語や発語へと繋げる。
    • 睡眠時、日光などで暑くなりすぎないようにベッドの位置やかけるものに気をつける。
    • シャワーを嫌がる子には、無理せずに優しく足から流し、少しずつ温水がかかることに慣れるようにする。
    • 「おいしいね」などと言い合いながら食事をすることで、楽しくおいしく食事ができるようにする。
    • 保育者もおいしそうに食べる姿を見せる。
    • 夏の暑さにより、ごはんやおかずを残しがちになる子がいるので、初めから一人一人の食欲に合わせて量を調節し、食べることができた喜び、達成感を味わえるようにする。
    • 言葉をかけたり、スプーンに手を添えるなど、個々に合った援助を行う。
    • 家庭での様子も聞きながら「かみかみね」など声をかけていくようにする。
    • いすに飽きてしまう子にはやさしく言葉をかけて最後まで楽しく食べられるようにする。
    • 手でつかみやすい形状の食材を加え、食べたいという意欲を大切にする。
    • 友達や保育者の顔を見ながら、楽しく食べることができるよう、配置を整える。
    • テーブルや床が汚れたらその都度ふき、きれいな場所で食事できるようにする。
    • 落ち着いて食事ができるよう、テーブルやいすの配置を考える。
    • 清潔で明るい雰囲気の中で、食事が楽しめるような工夫をしていく。
    • 安定した生活リズムを心がけ、十分な休息が取れるように配慮する。
    • 散歩に出る際は直射日光や紫外線に気を付けて、帽子を着用させる。
    • 子どもたちが快適に過ごせるよう、室内の温度や湿度調節を行う。
    • 保育室の温度や湿度にも留意し、エアコンを使用する際は外気温と室内の温度差に気を付け、冷えすぎないように配慮する。
    • 登園の際、温度に合わせて衣服の調整をする。
    • 給食後すぐに午睡に誘うことができるように、子どもたちの食事中に布団を敷いておく。
    • 不安な気持ちを受け止め、抱っこなどでスキンシップをとり、安心できるように関わる。
    • 腹ばいからお座りができるよう足を支えたり、目の前に玩具を置いて前に進めるようなきっかけをつくる。
    • 好きな遊びなどを一緒にくり返し楽しみ、言葉や遊びの幅を広げる。
    • 探索が楽しめるよう、周囲に危険なものがないよう、気をつける。
    • 水遊びでは怖がる子もいるので、個々の様子をよく見て、その子に合った遊び方ができるように配慮する。
    • 人見知りや後追いが見られる時期なので、側を離れる時には「〇○したら戻ってくるからね」などと言葉にして伝え、不安を減らすようにする。
    • 清潔になった心地よさが感じられるように、衣服が汚れたり、汗をかいた時にはすぐに着替えをする。
    • 安心して食事や睡眠が取れるように、暑さにより食欲不振や睡眠不足になりやすい時期という事を理解し、家庭的で落ち着いた環境を整え見守っていくようにする。
    • 熱中症対策として、こまめに水分補給をしたり、保冷バンドをつけて戸外で遊ぶ。また、気温により入室時間を早めたり室内遊びにする。
    • 「汚れたね、着替えようね。」など、声掛けをしてから着替えを行い、また、「きれいになって気持ちがよいね」など、伝えていく事で心地良さが感じられるようにしていく。
    • 一緒にはいはいをしたり、励ます声掛けをしていく事で促していく。また、「歩くの楽しいね」など、気持ちを代弁し楽しい気持ちを共有していく。
    • その子の遊びを保障し、じっくりと遊べるように見守っていく。また、遊び始めている際の声掛けのタイミングも気をつける。
    • 膝の上で一対一で関わり、ゆったりとした雰囲気の中で絵本を楽しむ。
    • 子どもの健康状態や天候、気温に合わせて、室内の温度や湿度を調節し、過ごしやすい環境を整える。
    • 子どもに合わせて、眠りやすい場所に布団を敷く。
    • カーテンを閉めたり、音楽をかけたり、室内温度を調節したりして、眠りやすい環境を整える。
    • 不安で泣いてしまう子には好きな玩具を用意して一緒に遊び、気持ちを切り替えられるようにする。
    • 簡単な絵本やくり返しのある遊びを用意する。
    • 探索心が盛んになり、保育所内や散歩での探索を楽しむので危険のないよう事前に確認する。
    • 棚や机は壁側に寄せ、室内の探索を十分に行えるようにする。
    • 気温に合わせながら、こまめに水分補給や衣服の調節をする。
    • 室内の換気をこまめに行い、外気浴との差に気をつけながら冷房を使用していく。
    • 子どもたちが安心して眠れるように、周りの子が泣いた際は別室で落ち着けるようにするなど落ち着いた環境に配慮していく。
    • 足ふき・体ふきタオル、着替えを用意し、スムーズにシャワーを浴びる友達の姿を見せる。
    • 暑い日の散歩は、日陰を選んで歩くなどの配慮とともに、水分補給もしっかりしていく。帽子を忘れずにかぶる。
    • 生活リズムが安定しない子どもには、その日の状況によって柔軟に対応する。
    • 登園時と午睡後だけでなく、沐浴や水遊びの前にも体温を測るなど、体調の変化に十分気をつける。
    • 顔や頭にシャワーがかかることを拒み、泣く子がいる。
    • 離乳食を始めた子は、よく食べ、自分から口を近づけたりスプーンを持とうとするなど意欲が見られる。
    • 手づかみで食べようとする姿もある。
    • 頭や体に汗をかく。
    • 暑さにより、ぐずり出す子がいる。
    • シャワーを怖がることなく、笑顔で気持ちよさそうに汗を流してもらう。
    • 給食後、自ら布団に行って眠る。
    • 30分で起きてしまう子もいるが、午前睡をしないで過ごすようになった子もいる。
    • 体調をくずし休みが多くなったため、休み明けに不安定になり泣く子もいる。
  • 現時点での子どもの姿

    • 寝返りや、ハイハイにより行動範囲が広がり、今まで以上に様々な玩具に触れ興味を持ち探索活動を楽しんでいる。
    • 保育者との信頼関係ができ、後追いをしたり知らない人にけげんな顔をしたりする。
    • おすわりが安定し、両手が自由に使えるようになった。おもちゃをもってなめたり、試すように噛んだりして楽しんでいる。
    • 身の回りの物や人に興味をもち始め、自発的に関わろうとする。
    • 簡単な言葉で思いを表現しようとする児がいる。
    • ずりばいやハイハイでの探索活動が活発になってくる。
    • 食べ物や食具に興味を示し、自ら食べてみようとする。
    • ずりばい、はいはい、つかまり立ち、一人歩きをする児がいる。
    • 泣くこともあるが、玩具に興味を示し落ち着いて遊ぶ姿が見られる。
    • 全員が散歩に行けるようになり、外の空気や景色に触れることで、気分転換ができるようになってきた。
    • つかまり立ちが盛んになり、動きが活発になってきた。
    • お腹が空いたことを泣いたり、声を出したりしながら保育者に伝え、意欲的に食事に向かい充分な栄養をとっていく。
    • 時には保育者におんぶや抱っこをしてもらいながら安心して眠りにつく。
    • 興味のあるものを追って首を動かし、周囲を見回す。
    • 保育者を見ると自分から微笑み、「いないいないばあ」をしてもらうと喜ぶ。
    • つかまり立ちができるようになり、目の高さにあるおもちゃに自分から手を伸ばして、じっくりと遊ぶ姿が見られる。
    • 梅雨に入り、体温調節が出来ずに午後になると熱を出す子が数人でてきたり、鼻水や咳が出る子が多かった。
    • 一人ひとりの生活リズムが出来てきたことにより、気持ちも安定し家庭にいるかのようにくつろいで過ごせるようになってきた。
    • わらべうたが大好きな子が増えて、繰り返し行っているものは曲調やリズムが身体に染み込み模倣するようになってきた。
    • スライムを握ったり、プニプニしている感触を心地よいと感じたり、光に当てた時の色合いを見つめたりしていた。
    • 近くにいる子の玩具に手を伸ばしたり、噛みつこうとする姿が増えてきた。
  • 長時間保育の配慮

    • 保護者への伝達事項は、伝え漏れの無いように引き継ぐ。
    • 暑さで疲れが出やすい時期なので、保育者間でしっかりと引き継ぎを行い、ゆったりとした気持ちで過ごせるようにする。
    • 延長の保育者に事前に保育に入ってもらい、慣れていくようにする。
    • 利用する子の好きな絵本や玩具を持ち込み、安心して過ごせるように配慮する。
    • 異年齢との保育になるので、安全に気をつける。また、こまかい玩具を口に入れないように十分に留意する。
  • 食育

    • 自分でコップを持って少しずつ飲めるようになる。
    • スプーンを握ってみたり、自分で食べようと食材に手を伸ばし、口に入ると笑顔になったりしながら意欲的に食事に向かっていく。
    • 食事に関心を持ち、食べる楽しさ喜びを知る。
    • 保育者も一緒に「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶をする。
    • 手づかみ食べを自分からしようとし、スプーンの上手持ちも出来るようになっていく。