• 行事予定

    • ぎょう虫検査
    • 虫歯予防デー
    • 歯科検診
    • 保育参観
    • 老人施設訪問
  • 環境配慮

    • 家庭と連携をとりながら、一人ひとりの健康状態を把握し、適切に対応できるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもの話をよく聞いたり共感したりしながら、会話が楽しめるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもの話をよく聞いて共感し、会話が楽しめるようにする。
  • 環境配慮

    • 一人一人の健康状態を把握しつつ、自分からも体調の変化を言えるような問いかけをする。
  • 環境配慮

    • 保育室の環境を適切に保つように、十分に留意する。
    • 保育者が子どもの思いや気づきに共感し、安心して自分の思いが表せるような雰囲気をつくる。
  • 環境配慮

    • 特徴や変化についての気づきを、写真や図の掲示などで表し、共有できる環境を子どもと一緒につくる。
    • 衣服の着脱や始末がしやすいように、ロッカーなどの配置を工夫する。
    • 衣服の着脱や始末などがしやすいよう、ロッカーなどの配置を工夫する。
  • 環境配慮

    • 雨の降る様子や雨上がりの変化などに気づくことができるような機会をもつ。
    • 雨の降る様子や雨上がりの変化などに気づくことができるような機会を持つ。
    • 子どもが自由に表現できるよう、道具や素材を準備しておく。
    • 子どもが自由に表現できるように、用具や素材を準備する。
    • 子どもたちと一緒にうがい、手洗いなどの必要性を考えたり話し合う場を設ける。
    • 子どもと一緒に、手洗い、うがいなどの必要性を考えたり話し合ったりする場を設ける。
    • 子どもの話に共感し、何でも話せるような雰囲気をつくる。
    • 水や泥、砂に十分触れて遊べるよう、用具を準備しておく。
    • 水や泥、砂に触れて遊べるように用具を準備する。
    • 動植物の世話に必要な道具を、取り出しやすい場所に用意しておく。
  • 環境配慮

    • 保育者も子どもの話に共感したり、何でも話せるような、ゆったりとした雰囲気をつくる。
  • 環境配慮

    • 集まりの会も上手く活用しながら、友だちに興味を持ち、関わりを深める事が出来るようにする。
    • 雨の日の湿度や体感について、梅雨の自然事象や意味を伝えていく。
    • うがい、手洗い、着替えなど身の回りを清潔にする大切さを伝える。
    • 観察記録を書いた日は、保護者に見てもらえるように発信し、子どもの意欲に繋げていく。
  • 環境配慮

    • 子どもの姿を踏まえて、時に一緒に調べたり、道具の提案を行ったり、一緒に試したりして、考えたり、探求したりすることへの楽しさが深まるように援助する。
    • 自分の考えだけでなく、相手の意見を聞く事で受け入れていく事の大切さをやり取りの中で伝えていく。
    • 七夕飾りの見本を用意したり、自分で選びやすい環境を設定していく。
  • 環境配慮

    • 日常の挨拶は、保育者が子ども達の良いモデルとなるように見せていく。
    • 不思議だと思う気持ちを十分に受容し、共感しながら、問いへの自分なりの考えや思いを十分に聞き、必要に応じて言葉を添えるなど表現の援助を行う。
  • 環境配慮

    • 活動の時間に余裕をもち、水や泥を使って十分に遊び込めるようにする。
    • 子ども同士が話をする姿を見守りながら場面に応じて言葉を補い、互いの思いや考えが伝わるようにする。
    • 自分の思いや考えを出し合う姿や場面は大切にして見守る。また、トラブルになったときは子ども同士で解決できるよう、必要に応じて仲立ちをする。
    • 動植物を世話する中で、生長や変化に気づき、いたわりの気持ちや愛情をもって育てることができるように援助する。
    • 梅雨期の自然事象の変化に対する子どもの気づきや発見、驚きを大切にして共感する。
    • 保育者も遊びの中に入り、友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わえるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもが調べたり、比べたり、計ったり、実験したりできるように、十分な道具を準備する。
  • 環境配慮

    • 自分の気づきや、考えを絵に描いたり、言葉にしたりしている姿を認め、友だちに伝える時には、説明などの言葉を添えたりして、援助する。
  • 環境配慮

    • 日々、子どもと水やりなどを行い、観察できるような声掛けをし、植物の変化に気づく機会を作る。
  • 環境配慮

    • ほかの友だちの遊びにも興味を持って、話を聞く機会を設ける。
  • 健康

    • 「ごめんなさい」や「ありがとう」が言える。
    • カタツムリやザリガニなど、小動物に興味や関心をもち、えさを与えるなど進んで世話をする。
    • けんかや意見がぶつかったときは、互いに思ったことを話したり、相手の話にも耳を傾ける。
    • 運動遊びや、戸外遊びをとおして、思いきり体を動かす心地よさを味わう。体力や筋力もついてきている。
    • 気の合う友達を誘い、集団でルールのある遊びや、ごっこ遊びを楽しむ。
    • 自分でできることをしようとしたり、友だちに教えたりする姿が見られる。
    • 身の回りの支度、片づけの手順がわかり、自分から進んでしようとする。
    • 日々の当番活動や年下の子の世話を喜んで行い、思いやりの気持ちを持つ。
    • 梅雨期の自然に親しみ、見たり試したりする。
    • 保育者や友達と、話し合いながら遊びを進める。
    • 友だちと一緒に楽しく製作に取り組む。
    • 友達と砂遊びや泥遊びをダイナミックに楽しむ。
  • 健康

    • 雲の様子、雨の降り方をみて、自然の様子に興味をもつ。
  • 健康

    • 自分たちで育てた夏野菜に関心を持ち、変化を見つけると友だちや保育者へ伝える。