• 環境配慮

    • 冬野菜のダイコンやカブに興味をもつ。
  • 環境配慮

    • 自分の気持ちを安心して表すことができるように、ゆったりとした雰囲気をつくる。
  • 環境配慮

    • 湿度を確認し、状況に応じて加湿器を使う。
  • 環境配慮

    • 手洗い、うがいを促す声をかけ、絵表示を見て丁寧に行えるようにする。
  • 環境配慮

    • 風邪など感染症の予防についてわかりやすく伝えるために、絵本を用意し、ポスターを掲示しておく。
  • 環境配慮

    • 一人ひとりの健康状態を把握し、見守ったり必要に応じて気づかせたりしながら、健康的な生活習慣が身につくようにする。
    • 寒くなり体調を崩しやすい時期なので、より丁寧に手洗い、うがいをする必要性を知らせ、気づけるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもの気持ちや考えを受け入れ、自分の思いを安心して表すことができるようにする。
  • 環境配慮

    • 風邪や感染症の予防には、手洗い、うがいが大切であることを知らせ、丁寧に行えるように見守る。
  • 環境配慮

    • 衣服調節の必要性を知らせるとともに、汗が冷えると寒くなることに気づけるような言葉をかける。
  • 環境配慮

    • ゆったりとした時間を設け、好きな遊びをしたり保育者と話したりして落ち着けるようにする。
  • 環境配慮

    • 一日の気温差に応じて、暖房器具の温度調節をこまめに行う。
  • 環境配慮

    • 午睡時は毛布を使用し、温かく寝られるようにする。
  • 環境配慮

    • 子どもたちと一緒に動物の写真を見ながら子どものつぶやきに注目し、様々な動物への興味・関心が広がるようにする。
    • 子ども同士の関りや遊びを見守りながら、必要に応じて仲立ちをしたり、遊びが継続できるような援助をする。
    • 戸外で集めた自然物をコーナーに充実させて、遊びに取り入れらるように準備をしていく。また、子どもなりのイメージを表現しようとする姿を認め、意欲につなげる。
  • 環境配慮

    • トラブルが起きたときは、一緒に話し合いながら、できるだけ子どもたちで解決できるようにする。
    • 一人ひとりの声を拾いながら、それぞれのアイデアが互いに伝わるように配慮する。
    • ルールを守らずにトラブルになった際は、やり取りを見守りつつ、言葉を添えながら仲立ちする。
  • 環境配慮

    • 一人ひとりの表現を認め、自信や意欲につながるようにする。
    • 散歩先や園庭で、葉っぱの色の変化に気づけるような言葉をかける。
    • 散歩先や園内で、何が危険につながるのか、場面をとらえて伝えたり、子ども同士で考えたりすることで意識を高める。
  • 環境配慮

    • 事前に公共のマナーやバス内での約束事などをしっかりと話し、意識をもって参加できるようにする。
    • 昼食の準備を手伝いながら、食への関心や気づきを受け止め、食事の楽しさを共感する。
    • 冬野菜を植えるプランターや苗を準備する。
    • 友だちの話に関心を持つことができるよう、保育者も一緒に聞いたり、場合によっては言葉を補ったりする。
    • 友達と楽しみながら歌い、きれいな声で歌うと気持ちがいいことを伝える。
  • 環境配慮

    • 子どものイメージに即して遠足で見たものを形にしていけるよう、イメージに合った素材を考え、用意する。
  • 環境配慮

    • 室内と園庭での遊びにつながりが見られることから、テラスにテーブルや素材、図鑑などを用意する。
    • 動物園では、子どもが興味をもっている動物を中心に見学できるようにコースを考え、ゆっくり見られるようにする。
    • バザーで体験した様々なお店屋さんを、遊びに展開できるように、大きめの段ボールなどを用意しておく。
  • 環境配慮

    • はさみ、のり、製作に使用する材料などの置き場所、でき上がった物の保管について子どもと確認する。
    • ルールのわかりやすい遊びを用意し、すぐに遊べるようにしておく。
    • 紅葉の美しい場所や自然物にゆったり触れられる場所の、下見や計画をしておく。
    • 子どもの親しみやすい曲を選び、自由に表現できるように、広い空間をつくるようにする。