• 環境配慮

    • 病気について話し合う機会を設け、絵本やパネルシアターなどでわかりやすく伝える場を設ける。
    • 一人ひとりが自己発揮できるような場を設けていく。
    • 暖房器具が安全に使えるよう、あらかじめ点検しておく。
    • 一人ひとりの思いに共感して、安心して自分の気持ちが表せるようにする。
    • 気温差も出てくるので、一人ひとりの健康状態を把握するとともに、快適に過ごせるよう室内の環境に留意する。
    • 病気を予防する方法について話す機会を設ける。
  • 環境配慮

    • イメージに沿って製作したり、表現したりできるように、子どもと共に素材を調達したり、加工したりして、物的環境や場や空間を工夫する。
    • お店屋さんごっこに興味をもっている子どもの様子に応じて、絵本や写真などを掲示する。
    • 個々の意見を記録したり、書いたりすることができるように、十分な場と道具を準備する。
  • 環境配慮

    • チューリップの球根を植えるために必要な道具や、世話をするための道具を準備する。
    • みんなで共通のイメージを持てるよう、話し合う機会を設ける。
    • 遠足を楽しみ、発見や喜びを共有する。
    • 会話を楽しめるような場と時間を確保する。
    • 散歩に出かける機会を多くもつ。
    • 子どもが見やすいところに時計を用意しておく。
    • 子どもが十分に表現することを楽しめるような場と時間を確保する。
    • 数、文字に触れられるような遊びを取り入れ、絵本や道具などを用意する。
    • 表現することを楽しめるような時間を確保する。
  • 環境配慮

    • 「今日は寒い」「日差しが柔らかくなってきた」と季節の変化を感じて、「上着を羽織ろう」「早くお部屋に入ろう」などと気づいたり、関連づけたりする姿を認め、促す。
    • 気温や気候について知らせると共に、衣服の調整が自分から出来るように促していく。
  • 環境配慮

    • 様々な楽器を用意して実際に触れ、鳴らしてみたりする事で、やってみたいという気持ちを膨らませていく。
    • 知りたいこと、興味をもったことを伝え合い、自分で調べたり、尋ねたりする機会を設ける。
    • 地域や保護者とふれ合う機会を工夫する。
    • 戸外で集めた自然物をコーナーに充実させて、遊びに取り入れらるように準備をしていく。また、子どもなりのイメージを表現しようとする姿を認め、意欲につなげる。
  • 環境配慮

    • 一人一人に合わせて理解できるように、分かりやすく丁寧に伝える。
    • 芋掘りで持ち帰ったつるを使ってクリスマスリースを作ったり、季節感を味わえるようにする。
    • 散歩や戸外遊びなどで、自然の変化に気づけるようにする。
    • 春に咲く花の球根を植えることに、期待がもてるようにする。
    • 動植物の世話をする中で、子どもの気づきを大切にし、共感する。
    • 保育者が一緒に表現することで、楽しさを味わえるようにする。また、一人一人を認めたりほめたりすることで、意欲を高める。
    • 保育者が一緒に表現することで楽しさを味わえるようにする。また、一人ひとりを認め、ほめたりすることで意欲を高める。
  • 環境配慮

    • 保育者も積極的に遊びの中に入り、体を動かす心地よさを知らせる。
  • 環境配慮

    • 友達とイメージを出し合う姿を見守りながら、必要に応じて言葉をかける。
  • 環境配慮

    • 一人ひとりのできたことを認め、自己発揮できるようにする。はげましたり共感したりしながら、友達と協力したことによる成功体験や、満足感を味わえるようにする。
  • 環境配慮

    • 言葉で伝え合う姿を見守る。必要に応じて仲立ちをし、楽しさを伝える。
  • 環境配慮

    • 十分に体を動かせるよう、戸外遊びの時間を確保し、遊具や用具などを用意しておく。
  • 健康

    • 芋の収穫を喜び、身近な秋の自然に触れる。
    • クラス全体で運動会に取り組む中で、友だちと協力したり、目的を達成する喜びを味わう。
    • 運動会の準備期間や本番をとおして、体を思いきり動かすことや、自信を持って人前で表現すること、友だちと協力することなどに興味を持つ。
    • 気の合う友達と関わる中で、自分の思いを伝え、気持ちを受け止めてもらうことを喜ぶ。
    • 飼育している小動物に優しく語りかけたり、世話をしたりする。
    • 自分で衣服の着替えをしたあと、たたんでしまったり、ロッカーの片付けをしたりする。
    • 手洗い、うがいを自分から行い、友達と互いにやり方を見せ合う。
    • 生活や遊びの中で、数、文字、時間などに触れ、関心を深める。
    • 保育室内の掲示物、名前や数、時計やポスターに興味を示し、読んだり数えたりすることを楽しむ子もいれば、あまり興味や関心を示さない子もいる。
  • 健康

    • 友だちと役割を分担したり、決まりを作ったりして、一緒に遊ぶ。
  • 健康

    • ルールを知らない子にも理解してもらおうと、試行錯誤して伝えようとする。
  • 健康

    • 天気のよい日は、戸外での活動を存分に楽しむ。
  • 健康

    • イメージに沿って製作したり、表現したりできるように、子どもと共に素材を調達したり、加工したりして、物的環境や場や空間を工夫する。
    • お店屋さんごっこに興味をもっている子どもの様子に応じて、絵本や写真などを掲示する。
    • 個々の意見を記録したり、書いたりすることができるように、十分な場と道具を準備する。
    • チューリップの球根を植えるために必要な道具や、世話をするための道具を準備する。
    • みんなで共通のイメージを持てるよう、話し合う機会を設ける。
    • 遠足を楽しみ、発見や喜びを共有する。
    • 会話を楽しめるような場と時間を確保する。
    • 散歩に出かける機会を多くもつ。
    • 子どもが見やすいところに時計を用意しておく。
    • 子どもが十分に表現することを楽しめるような場と時間を確保する。
    • 数、文字に触れられるような遊びを取り入れ、絵本や道具などを用意する。
    • 表現することを楽しめるような時間を確保する。
    • 「今日は寒い」「日差しが柔らかくなってきた」と季節の変化を感じて、「上着を羽織ろう」「早くお部屋に入ろう」などと気づいたり、関連づけたりする姿を認め、促す。
    • 気温や気候について知らせると共に、衣服の調整が自分から出来るように促していく。
    • 様々な楽器を用意して実際に触れ、鳴らしてみたりする事で、やってみたいという気持ちを膨らませていく。
    • 知りたいこと、興味をもったことを伝え合い、自分で調べたり、尋ねたりする機会を設ける。
    • 地域や保護者とふれ合う機会を工夫する。
    • 戸外で集めた自然物をコーナーに充実させて、遊びに取り入れらるように準備をしていく。また、子どもなりのイメージを表現しようとする姿を認め、意欲につなげる。
    • 一人一人に合わせて理解できるように、分かりやすく丁寧に伝える。
    • 芋掘りで持ち帰ったつるを使ってクリスマスリースを作ったり、季節感を味わえるようにする。
    • 散歩や戸外遊びなどで、自然の変化に気づけるようにする。
    • 春に咲く花の球根を植えることに、期待がもてるようにする。
    • 動植物の世話をする中で、子どもの気づきを大切にし、共感する。
    • 保育者が一緒に表現することで、楽しさを味わえるようにする。また、一人一人を認めたりほめたりすることで、意欲を高める。
    • 保育者が一緒に表現することで楽しさを味わえるようにする。また、一人ひとりを認め、ほめたりすることで意欲を高める。
    • 保育者も積極的に遊びの中に入り、体を動かす心地よさを知らせる。
    • 友達とイメージを出し合う姿を見守りながら、必要に応じて言葉をかける。
  • 健康

    • 一人ひとりのできたことを認め、自己発揮できるようにする。はげましたり共感したりしながら、友達と協力したことによる成功体験や、満足感を味わえるようにする。
  • 健康

    • 言葉で伝え合う姿を見守る。必要に応じて仲立ちをし、楽しさを伝える。
  • 健康

    • 十分に体を動かせるよう、戸外遊びの時間を確保し、遊具や用具などを用意しておく。