• 環境配慮

    • 一人ひとりと丁寧に対応し、安心して表現したり、行動したりできるようにする。
  • 環境配慮

    • 暑さのため上履きを脱ぐ子には、上履きの必要性を伝える。
  • 環境配慮

    • うがいを忘れる子には、なぜ必要かを確認する。
  • 環境配慮

    • 気温が低くなり肌寒くなってくるが、戸外活動やなどで汗をかくので汗を拭いたり、着替えたりと衣服の調節を促していく。
  • 環境配慮

    • つめが伸びていたら切ってくるよう声掛けし、清潔感をもてるようにする。
    • まだ汗を多くかくので、十分な水分補給をさせる。
  • 環境配慮

    • 気温や活動に応じて、衣服の調節が必要なことに気づくよう、言葉をかけ伝えていく。
  • 環境配慮

    • 必要に応じて衣服の調節ができるよう、多めに用意しておくよう保護者に伝える。
    • 運動中はいつでも水分補給できるようにし、休息もしっかり取る。
  • 環境配慮

    • 暑さや肌寒さに対応できる衣服があるかを確認する。
  • 環境配慮

    • 子どもたちから出た意見を、ホワイトボードなどにその都度書き足していく。
    • 散歩先でみつけた物や園庭にある自然物をテラスやデッキのコーナーで製作や工作が出来るように環境を整え、又様々な素材や道具も揃え、イメージがより形になりやすいようにする。
    • 生活や遊びで会話する事は楽しいと思えるような雰囲気づくりをする。
    • 手洗、うがいの大切さを伝え具体的な方法は看護士から伝えてもらい、その方法を担任が実践しお手本となってやる。
    • 出来た時は十分に褒めたり、周りの子にも伝えその子にとって自身に繋がるようにする。
    • 友だちやほかの学年にも見てもらえるように,体を十分に動かせるスペースと観客席になるような場所を確保する。
    • 優しい口調で話すとお互いに気持ちが良いなど具体的な言葉や口調がみられた時は褒めたり、皆で共有していける声かけをしていく。
    • ルールのある遊びをくり返し経験しながら、ルールを守って遊ぶことの楽しさに気づかせる。
  • 環境配慮

    • 練習の時にどうすれば息が合うのか一緒に考えたり友達の頑張る姿をみたり、伝え、お互いを認め合うよう働きかけをする。
    • 運動会に向けての取り組みで、一人一人の姿を保育者が認め、励ますことで友達の良さに気づけるようにする。
    • 楽器の扱い方を伝え、楽しく取り組めるようにする。
    • 思いきり体を動かす楽しさが味わえるように、保育者も一緒に遊びの場に加わり、きっかけづくりをする。
    • 収穫物に関心が持てるような言葉かけをする。
  • 環境配慮

    • 焼きイモ会に向け、洗ったイモを干し、落ち葉や枯れ枝を拾ったり、近隣の小学校から運んだりなど、子どもと一緒に準備する。
    • 食事のマナーがわかるような、絵本や紙芝居を用意しておく。
    • 食事のマナーを守り、きちんと食べられたら、たくさんほめる。
    • 片付けずに次の遊びに移ったり、物の扱いが雑になったりする場合には、みんなで考えながら、進んで片付けられるようにする。
    • 木の実や落ち葉などに触れた感触や、色などを発見した際は共感し、次に興味がつながるようにする。
    • 話したいこと、思いを受け止め、聞いてもらった満足感が味わえるようにする。
  • 環境配慮

    • 嫌いな食べものでも食べてみようとする気持ちが育つようにする。
    • 芋ほり遠足へ向けて、さつま芋について調べられるように図鑑を用意し、どんなふうに掘るのか話し合う時間をとる。
  • 環境配慮

    • 運動会の種目について、作戦を立てたり、どんな踊りにしたいかを話したりする機会をつくる。
    • 各家庭から持ち寄ったさつま芋のレシピを紹介したり、掲示したりする。
    • スコップやくわ、軍手など、芋ほりに必要なものを用意しておく。
    • 運動遊びをした後は、ゆったり休む時間や室内遊びで過ごす時間を設ける。
    • 運動遊びを楽しめるような言葉をかけ、運動がしたくなるような環境を設定する。
    • 子どもが食器の片付けをしやすい動線を確保する。
    • 子どもたちが話したいという気持ちが持てるよう、ゆったりとした雰囲気をつくる。
    • 自分の思いが伝えられるように、ゆったりとした雰囲気をつくる。
    • 友だちと楽しく歌ったり、体を動かしたりできる曲や遊具を用意する。
    • 秋の自然に興味が持てるよう図鑑等がすぐに観る事が出来るよう環境を整える。
    • 運動会後は、一人ひとりの姿を認めたり、友だちと協力して取り組んできたことを振り返って話し合ったりし、達成感を味わえるようにする。
    • 運動会の種目は、日常の遊びの1つとして取り入れ、友だちと協力して楽しめるように配慮する。
    • 音楽に合わせて体を動かす楽しさ気持ちよさを味わえる雰囲気作りをしていく。
    • カゴの中身の整理整頓をすると使いやすくなる事を伝え一緒にやっていく。
  • 環境配慮

    • 公共のマナーを守る理由を伝え、意識を持てるように声かけをしていく。
  • 環境配慮

    • 子どもが理解しやすい言葉や話し方を意識し、きちんと伝わったかを確認しながら話す。
  • 環境配慮

    • 喜びや悔しい気持ちを受け止めながら、自分の成長した点に意識を向けられるように声かけやフォローをする。
  • 環境配慮

    • 秋の自然に触れられるように、散歩に出かける機会を多く持つ。
  • 健康

    • いろいろなものの音、色、形、手触り、動きなどに気づき、驚きや感動など、さまざまな反応を見せる。
    • 異年齢との交流で、年長の姿にあこがれ、遊びや言葉をまねしようとする。
    • 異年齢の友だちと楽しく関わって過ごす。
    • 運動会を楽しみにし、旗の絵をかいたり、みんなでかつぐおみこしのパーツをつくったりする。
    • 運動会当日は出番を気にしながら、他学年の競技を見る。出番が近づくと自ら準備をする。
    • 栄養について興味をもち、色の濃い野菜を見て「これ、栄養ある?」と言って食べる。
    • 夏から秋への季節の移り変わりに興味を持ち、秋の食べものや行事について、保育者を中心に話し合う。
    • 経験したことや楽しかったことなどを保育者や友だちに伝え、会話を楽しむ。
    • 食べ終わった食器をワゴンに戻したり、お茶のコップを軽くゆすいだりする。
    • 食事のマナーがわかり、友だちと一緒に楽しく食事することで、苦手なものでも少しずつ食べようとする。
    • 身の回りのことを、保育者に言われなくても自信を持ってできるという意欲が感じられる。
  • 健康

    • 芋ほりでは、真剣に話を聞いて掘る。土の中の虫を怖がる子もいる。