• 行事予定

    • 防災訓練
    • 避難訓練(防災の日)
    • 敬老の日
  • 環境配慮

    • 休息をとったり、水分補給ができるコーナーを用意したり、室内の温度を調整する。
    • 汗が冷えて風邪をひかないよう、汗をかいたら着替えを促す。
    • うがい、手洗いの大切さや必要性を子どもたちと一緒に考える機会を持つ。
    • 視覚で訴えられるようなものは活用しながら、子どもが分かりやすく行動できるような環境を整えていく。
    • 室内での過ごし方を一人ひとりが意識できるよう、声の大きさや遊び方を丁寧に伝える。
    • 一人一人が目標に向かって挑戦している姿を認め、自信につながるようにする。
  • 環境配慮

    • 休息をとることと、水分補給の大切さを、子どもたちへ伝える。
  • 環境配慮

    • 運動用具を取り出しやすいように整理しておく。
  • 環境配慮

    • 健康に過ごすための習慣の大切さや必要性について、子どもと一緒に考える機会をもつ。
    • 言葉遊びの楽しさを知り、想像が広がるような遊びを取り入れる。
    • 子どもが手にして楽しめるような絵本の内容や種類を選び、コーナーなどに常備しておく。
    • 子どもたちと固定遊具の使い方について話しあう機会を作る。
    • 飼育している動物の変化に気づくように、観察ケースは見やすいところに置いておく。
    • 表現の幅が広がる材料や用具を十分に用意する。
    • 自分たちの運動会について、友だちと、内容や、進め方、案内の仕方などについて話し合う機会を設ける。
    • 自分の調べたことや尋ねたことを、伝えたり教えたりする姿を認め、促す。
    • 将来なりたい仕事や、その特徴、住みたい場所など、話し合い、様々な仕事や生活があることを知る機会を設ける。
    • 道具の安全な扱い方や準備や片づけ方を経験的に身につけながら遊びを楽しむ。
    • 友だちが調べたことや探求したことを共有できる機会を設ける。
    • やり遂げようとする姿を認め、自信につなげる。
    • 一人ひとりが目標に向かって挑戦している姿を認め、自信につながるようにする。
    • 一人ひとりの発想に共感したり、いろいろな材料を使って工夫しているところを友だちにも知らせたりする。
    • 言葉で表現する姿を見守り、共感したり、必要に応じて言葉を補ったりしながら、楽しさが味わえるようにする。
  • 環境配慮

    • 自分で進んで行う姿は、ほめて認める。気がつかないところはわかりやすく伝え、習慣づける。
  • 環境配慮

    • 親しみやすい話を選び、内容が理解でき、想像がふくらむように読み聞かせをする。
    • 製作する中で、一人一人の発想に共感し、いろいろな材料を使って工夫しているところを、周囲の友達にも知らせる。
  • 環境配慮

    • いろいろな運動遊びや表現遊びを楽しめるように、道具などを十分に用意する。
    • ごっこ遊びが深まるように、いろいろな仕事や役割のモデルがイメージできる教材や素材を十分に用意する。
    • 子どもの興味・関心に基づき、様々な仕事に従事する人や、いろいろな経験を重ねた人について知ることができる絵本や新聞記事、資料などを用意する。
    • 昆虫や木の実、ススキなどの植物について、子どもの気づきを共有し、変化や違いが比較できるように、配置や掲示を工夫する。
    • 道具を自分たちで選び、準備したり、活用したり、片づけたりすることができるように、わかりやすい場所に置き、扱いやすい状態にしておく。
    • 一人一人が意欲的に活動できるよう、コーナーづくりをする。
    • 運動会に向け、共通のイメージが持てるように、子どもと話し合ったりする機会を持つ。
  • 環境配慮

    • 運動会に向けて共通のイメージがもてるよう、子どもと話し合う機会をもつ。
  • 環境配慮

    • 子どもの疑問を聞く機会として、栄養士に季節の味覚や調理の仕方を尋ねたり、散歩のルートで会う地域の人と話したり、保護者に仕事について聞いたりする機会を設ける。
  • 環境配慮

    • 疑問に思ったことをいつでも調べられるように、絵本や図鑑を身近なところに置く。
  • 環境配慮

    • 子どもたちの興味に合わせた音楽(CD・カセット)を準備しておく。
  • 環境配慮

    • 危険な行為や場所については、子どもたちとも気をつけるべきことを話し合って、自分たちの行動について考えられるようにしていく。
  • 健康

    • 異年齢児との関わりを持ち、親しみを持って世話をする。
    • 絵本や物語の世界に興味を持ち、内容を想像しながら聞く楽しさを味わう。
    • 危険なことを理解し、約束を守って友達と遊ぶ。
    • 共通の目的に向かって意見を出し合い、協力し合う。
    • 自然の事象について疑問に感じたことを友達と図鑑や本で調べる。
    • 自分の言葉で表現し、お互いに伝え合うことの大切さがわかる。
    • 同じ目的を持った友だちと一緒に、何かを作ったり、遊んだりする楽しさを味わう。
  • 健康

    • 自分たちの知りたいことを本で調べたり、人に聞きに行こうとする。
  • 健康

    • 身近な動植物を見て発見したことや、調べて分かったことを周りの人にも伝えようとする。
  • 健康

    • 友達と共通のイメージをもって遊びを進める。
  • 健康

    • いろいろな運動遊びや表現遊びを楽しめるように、道具などを十分に用意する。
    • ごっこ遊びが深まるように、いろいろな仕事や役割のモデルがイメージできる教材や素材を十分に用意する。
    • 子どもの興味・関心に基づき、様々な仕事に従事する人や、いろいろな経験を重ねた人について知ることができる絵本や新聞記事、資料などを用意する。
    • 昆虫や木の実、ススキなどの植物について、子どもの気づきを共有し、変化や違いが比較できるように、配置や掲示を工夫する。
    • 道具を自分たちで選び、準備したり、活用したり、片づけたりすることができるように、わかりやすい場所に置き、扱いやすい状態にしておく。
    • 一人一人が意欲的に活動できるよう、コーナーづくりをする。
    • 運動会に向け、共通のイメージが持てるように、子どもと話し合ったりする機会を持つ。
    • 運動会に向けて共通のイメージがもてるよう、子どもと話し合う機会をもつ。
    • 運動用具を取り出しやすいように整理しておく。
    • 健康に過ごすための習慣の大切さや必要性について、子どもと一緒に考える機会をもつ。
    • 言葉遊びの楽しさを知り、想像が広がるような遊びを取り入れる。
    • 子どもが手にして楽しめるような絵本の内容や種類を選び、コーナーなどに常備しておく。
    • 子どもたちと固定遊具の使い方について話しあう機会を作る。
    • 飼育している動物の変化に気づくように、観察ケースは見やすいところに置いておく。
    • 表現の幅が広がる材料や用具を十分に用意する。
    • 自分たちの運動会について、友だちと、内容や、進め方、案内の仕方などについて話し合う機会を設ける。
    • 自分の調べたことや尋ねたことを、伝えたり教えたりする姿を認め、促す。
    • 将来なりたい仕事や、その特徴、住みたい場所など、話し合い、様々な仕事や生活があることを知る機会を設ける。
    • 道具の安全な扱い方や準備や片づけ方を経験的に身につけながら遊びを楽しむ。
    • 友だちが調べたことや探求したことを共有できる機会を設ける。
    • やり遂げようとする姿を認め、自信につなげる。
    • 一人ひとりが目標に向かって挑戦している姿を認め、自信につながるようにする。
    • 一人ひとりの発想に共感したり、いろいろな材料を使って工夫しているところを友だちにも知らせたりする。
    • 言葉で表現する姿を見守り、共感したり、必要に応じて言葉を補ったりしながら、楽しさが味わえるようにする。
    • 自分で進んで行う姿は、ほめて認める。気がつかないところはわかりやすく伝え、習慣づける。
    • 親しみやすい話を選び、内容が理解でき、想像がふくらむように読み聞かせをする。
    • 製作する中で、一人一人の発想に共感し、いろいろな材料を使って工夫しているところを、周囲の友達にも知らせる。
  • 健康

    • 子どもの疑問を聞く機会として、栄養士に季節の味覚や調理の仕方を尋ねたり、散歩のルートで会う地域の人と話したり、保護者に仕事について聞いたりする機会を設ける。