11月の月案文例(0歳児・職員との連携)

  • 感染症などの状況によっては、保育室を移動することもあるので、職員同士で話し合いながら活動の仕方を考える。
  • 散歩先で遊べるコースを考えたり、歩ける子はなるべく少人数で出かけて十分に歩く機会をつくるなど、行き先や行き方を工夫する。
  • 散歩時の持ち物の確認を忘れず、園外での役割を話し合っておく。
  • かみつき、ひっかきなどのトラブルが見られた際の対応を、職員間で一貫して行っていけるよう話し合っておく。
  • 人見知りや後追いが続いているので、できるだけ決まった保育者が育児行為や朝の受け入れができるように調整し、一人ひとりが安心して過ごせるように配慮していく。