11月の月案文例(0歳児・)

  • 食べ方の状況に応じて、机を分ける。
  • 食具を意識するような言葉掛けをしていく。
  • 集中して繰り返し遊べるように時間に余裕を持つ。
  • 清潔感あふれる環境を整える。
  • 食事スペース、遊びスペース、睡眠スペースを区切る。
  • 危険のない、安全で広々とした環境を整える。
  • オムツ交換の場所が分かるように、オムツ交換シートを敷く。
  • 手づかみでこぼしてしまい食べる量が少なくなるので、取り皿にご飯やおかずを少しずつ入れるなど量を調節する。
  • 食べこぼしたときにはそのままにせずすぐ拾い、きれいな環境で気持ちよく食べられるようにする。
  • 斜面台や階段ではすぐに支えられる位置につき、安全に配慮する。
  • 歩くことを楽しんでいるので、その子の気持ちやペースを大事にしながら歩く経験をつめるようにする。
  • 気温や湿度に注意し、子どもの体調に合わせて、こまめに衣服の調節をする。
  • 保育室内を安全に動きまわれるよう、環境を整える。
  • 衣服調節のために脱いだ衣服は、降園時にまた着られるよう、かごに入れておく。
  • 手押し車を押して歩けるような安全なスペースを用意する。
  • 発達にあった玩具を十分に用意して集中して遊ぶ空間や時間をつくる。
  • 行動範囲が広がっているので、伝い歩きをする場所などでの転倒に気をつけながら、活発に活動を行えるようにする。
  • 同じ玩具、遊具を共有して遊べる環境を整える。また、ケンカにならないよう、数は多めに用意する。
  • 日常的に童謡など、子ども向けの音楽を流し、自然と音楽に触れる環境をつくる。
  • 音の出る玩具を用意したり、好きな曲をかけるなど音楽に親しめる環境をつくる。
  • 室内で集中して遊べるよう、コーナーを作り環境を整える。
  • 秋の自然に興味を持てるように言葉や見せたりして伝えていく。
  • 手遊びや子供向けの音楽を流し、自然と音楽に触れる環境を作る。
  • 日常的に歌を歌ったり、CDをかけたりし、自然と音楽に触れることができる環境を設定する。
  • 手に持ちやすいマラカスをつくり、取り出しやすい場所へ置く。
  • 松ぼっくりやドングリ、木の葉などがある場所を事前に確認しておく。
  • 公園などで一緒に拾った自然物を、保育室の入口や壁面に飾り、見て楽しめるようにする。
  • 見立て遊びやつもり遊びができるように、様々な要素のおもちゃを用意して、イメージが豊かになるようにする。
  • 他児との関わりが楽しくなるよう遊びを提供し、仲立ちしながら、やりとりを楽しめるようにする。
  • 聞きやすくするために単語と単語の間は少し間をあけ、目を見て口をおおきくあけてはっきりそしてゆっくり話していく。