10月の月案文例(2歳児・環境配慮)

  • 運動会の余韻を楽しみながら、体操やかけっこなど子どもの興味のある遊びを楽しめるようにする。
  • 子どもが新しい動きや踊りをし始めた時には、一緒におもしろがり、ほかの子どもも誘いながら共に楽しんでいく。
  • 子どもたちが新しいイメージや見立てを発信する姿が生まれてきたら、様子を見ながら、それが持続し、ほかの子どもとも共有しやすくなるような環境の工夫や提案をしてみる。
  • 子どもたちの”したい””じぶんで”の気持ちを大切にして援助や見守りをしていくと共に、自分でできた際はたくさん褒めて自信へとつなげていく。