10月の月案文例(3歳児・環境配慮)

  • 園医の検診を通して、自分の体に興味をもてるように視覚的な教材を準備する。
  • 嬉しい、悲しい、楽しいなどの様々な感情を、保育者が表情豊かに表現する。
  • 子どものほうからも保育者に気持ちを伝えていけるような環境を整えておく。